絞り込み検索
キーワードで探す
カテゴリで探す
サービスで探す
業種で探す
トレンドで探す
キーワードで探す
カテゴリで探す
サービスで探す
業種で探す
トレンドで探す
2019.6.27技術ブログ

技術トレンド「コアインフラストラクチャの躍進」
NTT DATA Technology Foresight 2019シリーズ~Vol.10

情報社会を取り巻く大きな潮流とITのトレンドを示す「NTT DATA Technology Foresight 2019(※1)」を全12回で紹介。第10回は技術トレンド「コアインフラストラクチャの躍進」

ビジネス戦略の要となるITインフラ

ITインフラの戦略的選択が、デジタルビジネスの競争優位を確保するための重要な戦略となりました。例えばAIを活用する能力は、間違いなく現代のビジネスの優劣に強く影響します。AI向けの高速かつ高効率なプロセッサの開発に成功した企業は、続々と革新的成果をあげています。スマートフォン業界でトップシェアを争う企業は競争優位の確立を求めて独自プロセッサ開発に注力しています。ユニークな機能を提供してスマートフォンの魅力を高めているのです。さらに自動運転に取り組む各社は自動運転技術を支える状況認識や判断を低電力に実現する独自のEdgeプロセッサの確保に将来の覇権をかけています。
このようにITインフラをビジネス戦略の要として捉え、必要ならばプロセッサを自社開発する企業が増加している事実は注目すべきでしょう。サービスの競争優位を目指して、顧客接点の改善を追求した結果、自らハードウェア開発に乗り出していく必然性が生まれているのです。

微細化によるプロセッサ高速化

これまでITインフラは、要である汎用的に利用できるプロセッサの高速化、それを支える半導体製造プロセスの微細化によってもたらされてきました。順調な微細化の進展が進む環境下では、企業は最新のプロセッサを導入すれば、自らのソフトウェア資産に手を加えずとも、処理時間短縮した上、省電力化も実現出来ました。
しかし、長年続いた微細化は、技術的難度が急激に増し、実現ペースが低下しています。今後、技術的困難さとコストの問題から微細化ペースのさらなる鈍化が想定されています。継続的な高速化を前提として、画一的なITインフラを選択するビジネス戦略は再考が必要でしょう。

目的特化がもたらす飛躍的高速化

このような状況下で、特定の利用目的に絞り込んで最適化したプロセッサによって、さらなる高速化を実現する取組が広がっています。AIに特化したプロセッサはその代表例でしょう。現在、大手クラウドベンダは揃って独自のクラウドAIプロセッサを開発しています。
Edgeプロセッサは、先に述べた自動運転だけでなく、協働作業向けモジュール連携ロボット、センシングなど、様々な目的特化要素を効率よく組み合あわせています。ビジネス目的を達成する適切な組合せと機能バランスの探求が進むでしょう。
プロセッサの基本設計に関わる知的財産をオープン化する取組みとも相まって、今後も目的特化プロセッサ開発への参入と技術革新は活発に続くと予想できます。

新たなコンピュータがもたらす飛躍的高速化

高速化の様々な手法を駆使しても現状のコンピュータでは、人類の課題に挑むにはまだ力不足です。金融、交通、創薬など巨大データを高速処理するコンピュータへの渇望は続いています。
量子コンピュータの実現は、現在のコンピュータを超越する性能でこれらの課題に対応できると期待されています。特に汎用性が期待される量子ゲート方式は、実用化に向け複数の企業が巨額の資金を投じて開発競争に名乗りをあげています。一方で組合せ最適化問題に特化した量子アニーリング方式は、複数のベンダによる商用化が相次いでいます。
注意すべきは、これらの新たなコンピュータは現在のコンピュータエンジニアやプログラマーがそのまま利用するのが難しい点です。新しいコンピュータの設計は、各社で全く別物であり、横断的な利用には膨大なソフトウェアの修正も必要です。これは先に述べた目的特化プロセッサも同様です。
新たなコンピュータやプロセッサには、それを活用するソフトウェアやエンジニアの育成といった中長期的な投資とコントロールが必要です。各企業には、今後はより戦略的なITインフラの選択が求められていくと言えるでしょう。
※1 「NTT DATA Technology Foresight」特設サイト

http://www.nttdata.com/jp/ja/insights/foresight/sp/index.html

お問い合わせ