【電子帳簿保存法】改正のポイントと、やるべきことやスケジュールを、業務効率化の視点で徹底解説!

このイベントは終了しました。
2024年1月から電子取引について電子帳簿保存法に対応した保存が義務化されます。
2022年1月から2年間の猶予期間が設けられましたが、実際どのような準備作業と期間が必要なのでしょうか?保存のための手間を削減、デジタル化で業務効率を上げるためにはどうすればよいのでしょうか?
具体的な事例や仕組を交えて解説します。
開催日時
2022年2月25日(金)
13:00~15:00
会場
オンライン
定員
100名
参加費
無料(事前登録制)
主催
ユーザックシステム株式会社/株式会社NTTデータビジネスブレインズ
関連イベント・セミナー情報