TT01 「個」を理解する人間指向のIT

「個」重視の時代では、個人に対する製品・サービスのフィッティングや人の意欲を喚起する人間指向のITが重要になる。(例:ライフ/ワークログ分析、コミュニケーション支援)