IST03 価値の源泉は無形資産の活用へシフトする。

蓄積される情報の種類、量が急速に拡大し、情報の分析、活用が高度化する。価値の源泉は有形のモノや資産から知識、ノウハウ、機能等の活用へと移行する。