TT02 協調志向オートメーション

定型的な作業の自動化が進み生産性は大きく向上した。更に、自律的な状況判断を行うAIの登場により、非定型作業の自動化も可能となりつつある。しかし、人手を介さない完全な自動化の実現はまだ遠く、当面は人とコンピュータが作業を協調しつつ分担する時代が続く。この協調作業では、それぞれが得意とする特性に応じてバトンタッチを繰り返す最適な関係を如何に構築するかが、飛躍的な生産性向上を達成する鍵となる。