TT06 サイバーインテリジェンスの結集

サイバー攻撃の産業化が進み、攻撃対象はIoT機器から制御システムにまで拡大し、高価値情報の流出も後を絶たない。激化する攻撃に対し、AIを駆使した防御や検知、攻撃を被った際の対処や復旧まで先進技術の活用が急がれる一方、先進技術を攻撃に悪用する危険も存在する。このような中、脅威や脆弱性情報、技術の活用方法等のインテリジェンスを広く集積し、攻撃に対する防御の仕組みとして機能させることが求められる。