[Trend]

ビジネスは国、産業、フィジカルとデジタルの境界を越えて拡がっている。技術進化が備える変革の力が、活動限界の超越と未踏世界の開拓を可能とする。世界を絶えず拡大するための挑戦が、経済成長の原動力となる。

[Abstract]

20世紀末から21世紀にかけて、テクノロジーが経済の成長エンジンの一翼を担い始めている。ITインフラは指数関数的に進化を続け、ソフトウェアにより複雑な機能が実現され、これらの進化がビジネスの急速な拡大を現実のものとしている。テクノロジーが持つ強力な進化力と成長力をビジネスに組み込んでいくことが、今後の経済発展には欠かせない推進力となっていくのである。
そして今、進化するテクノロジーが社会に大きな変化を与え、我々が過去目にしてきた世界を拡大しようとしている。ビジネスはもはや国境を越え、地球上のあらゆる国・地域でのサービス提供を可能とした。テクノロジーは産業の垣根すら見えなくしている。スマートフォンやSNSの普及、IoTの実装、そして個人と個人、個人と企業をつなぐデジタルプラットフォームの登場がそれを後押ししている。さらにデジタライゼーションの波は、デジタルならではの顧客体験やビジネスモデルの開発など、既存マーケットや社会の価値観を変え、新たな市場を創造していく。
テクノロジーはさらなる世界の拡大にも寄与しようとしている。例えば、人工衛星経由のネットワーク接続サービスは、まさに全地球規模でビジネスを展開できる環境を提供し、新規顧客や市場開拓、生産拠点などのサプライチェーンの拡張も現実的な選択肢に近づける。また、生命神秘の解明にもテクノロジーは貢献している。遺伝子、タンパク質、脳といった人体構成組織の解明が進むと、人が持つ物理的・生理的な制約、時間的な制約が撤廃され、健康増進や長寿命化による生産年齢の引き上げや、より深い長期的な記憶の実現など、人類の活動限界を超越していくかもしれない。このようにテクノロジーは、従来あった世界を拡大するための重要な成長エンジンになっていくだろう。
世界が拡大していく過程として、世の中の神羅万象がデジタルデータ化されていく現在、人、自然などを含めた物理世界に存在するあらゆるものをデジタルで再現し、シミュレーションすることが可能になれば、今まで考え付かなかったレベルの意思決定ができるようになるかもしれない。このような中、大局的にその過程を捉え、将来の可能性を吟味し、社会やビジネスの発展に対してどのような手を打つことができるのか、それを地球規模の視点で考え、挑戦していくことが経済成長の原動力になっていくだろう。