[Trend]

従来にない速さで技術が社会に浸透していく中、旧来規範では対応できない課題が生じている。技術革新がもたらす急激な社会・ビジネス環境の変化に対応する新たな規範の探求が、持続可能な社会の実現には不可欠となる。

[Abstract]

テクノロジーは、ビジネス拡大、個に最適なサービスの提供、健康増進、地球規模課題の解決などの多くの恩恵をもたらし、社会の営みをより便利に、誰もが生きがいを感じながら成長できる世界を与えてくれる。しかしながら、テクノロジーの進化がもたらす急激な社会変化の中で、旧来の規範や価値観だけでは対応できない課題が生じ始めている。
インターネットは、世界中の知識を誰もが共有できる世界をもたらした。一方、情報の流量が増えるにつれ、貧困、飢餓、教育など不平等が生じている実態に目を瞑ることができない社会も到来させた。人工知能は社会を写す鏡であり、多大なメリットをもたらす一方、学習データの偏りによる差別の助長、フェイク動画による虚偽情報の蔓延など、従来敬遠されてきた社会課題や早期の解決が求められる課題を顕在化していく。テクノロジーがあまりに普遍的なものになると、技術リテラシーの差が人々の日常的・社会的なあらゆる不利益や危険に直結することもある。社会の在り方そのものがテクノロジーを前提とした社会に変わりつつある中、技術リテラシーを高めるための活動は極めて重要な優先課題となるだろう。
近年、テクノロジーが発明され、実際に市場投入されるまでの期間が劇的に短くなっている。これは、テクノロジーが社会や生活に与える影響の評価、予測される課題への対策検討など、テクノロジーを社会に適用していくにあたり必要となるルールや規範の整備が追い付かないという状況を生み出している。これは技術進化と規範整備の時間差を如何に埋めるか、空白期間に生じた課題にどう立ち向かうかという難題であり、全世界の英知を結集し方策を考え出す段階が訪れているのではないだろうか。
我々は今、テクノロジーによる世界の変化の渦中にいる。将来の社会を持続可能なものにしていくためには、テクノロジーの進化がもたらす潜在的な課題に目を向ける必要がある。このような課題を乗り越えるために、規制をかけるのか?倫理にゆだねるのか?社会を崩壊させないためにも、これら規範の在り方を考え、規範を探求していくことが、新たに我々に課せられた地球規模の社会課題となっている。テクノロジーの追求に加え規範を探求すること、テクノロジーを作る側と使う側双方が連携して取り組むことが、人類の持続性探求と同義となっていくのだ。