何をお探しですか?

[Trend]

AIの進化は継続し、翻訳や要約など高度な言語機能が人のレベルに到達した。さらに人の思考を援用し、一度学んだ知識や経験を応用する柔軟性や、因果関係の推定といった論理的思考をAIにもたらす技術開発が活発化する。

[Abstract]

画像認識で頭角を現した第三世代のAIは、言語処理を中心にさらに強化を続ける一方で、人の知的活動を真に支援する次の段階にも向かい始めた。
AIは、より知的な作業である自然言語処理においても目覚ましい進化を遂げた。インターネット上の膨大な言説をそのまま取り込み、言語のルールを学習し、一部では人を超えるレベルで言葉を扱う様々な処理を実現するAIが2018年末に登場した。この成果に刺激され、より多くの学習データ・より強力な計算力・より効率的なアルゴリズムが日々生み出され世界的な開発競争が続く。
こうして人に近づいたとされるAIには課題も多い。汎用性が無く利用目的毎につくるしかなく、毎回一から学ぶため効率も悪い。学習データの量と質に依存するため、少数のデータしかない未知の領域では使えない。
そこで現代のAIが持つ限界を超え、人のように考える、ゆえに人の思考を真に支援できるAIを生み出す挑戦も続いている。人間の子供が世界を学ぶように、知識を積み重ね、会得した知識を他の領域で援用し、仮説と検証を繰り返して新たな法則を見いだすようなAIだ。脳が持つ柔軟性を学び、援用する技術開発は今後さらに拡大していくだろう。