[Trend]

生体データの蓄積とAIの医療活用が進み、画像診断などで人以上の成果を生み出し始めている。さらにゲノムやタンパク質といった膨大なデータの収集や組合せの解析も進み、生命課題の解決に新たな可能性をもたらしていく。

[Abstract]

データ活用はヘルスケアのあらゆる領域で進み、健康の追求という生命課題に対し多大な効果をもたらしている。
医療機関が持つ膨大なデータによって具体化するAI画像診断が、健康の追求に資するべく医師を強力に支援し始めている。その精度は医師と同等以上に到達し、複数疾患の検出など実際の医療現場を想定した機能も備えつつある。さらに、変異した遺伝子を画像から推定するといった従来の診断プロセスをも変えていく可能性も見えている。
日々の生活で取得可能なデータも健康に大きく寄与する。心拍などの生体情報を連続的に取得し分析することによって、より早く、自覚症状の無い段階での異常検知が可能となった。また、膨大な人数のDNA情報の活用により、多くの疾患に対する遺伝的リスクが判明されつつある。これらを組み合わせた分析サービスの登場は、個人に最適化された予防の実現を予感させる。
対症療法しか存在しない疾患を本質的に解明できれば、人々の健康維持は全く新たな局面を迎える。近年、難病に対する治療法の確立を目指し、アミノ酸配列情報を用いたタンパク質の立体構造の推定や、従来よりも格段に精緻な脳データの取得・解析といった人体の解明が本格化している。このようにデータ駆動のヘルスケアはその境域をさらに拡大し、生命課題の解決に新たな可能性をもたらそうとしている。