[Trend]

AIの発展により人と機械は新たな関係を手に入れる。ただ運転するだけで、AIが車に危険回避動作をさせるように、両者が持つ特性の適材適所での組合せが最善の結果を導き出す。この関係追求がサービス革新の拠り所となる。

[Abstract]

人が機械を効果的に活用していくために、その使い方は変化を続け、より自然な振る舞いに合わせた利用方法が生まれている。その結果、人と機械が協調しながら作業を行うといった新たな使い方が生み出され、それがITの持つメリットを最大限活用したサービスの革新を引き起こそうとしている。
例えば、手術支援ロボットの登場により、人が直接感じることができる立体的な視覚や触覚を医師へ伝えることができるようになった。直感的な情報を人に直接提示することで、従来の内視鏡手術よりも簡便かつ患者の負担が少ない手術を可能にしている。
さらにAIを利用した行動認識技術により、機械が能動的に人をサポートすることが可能になってきている。レジなし店舗では来店した顧客の行動を継続的に認識することで、顧客は決済サービスを意識することなく商品を手に取るだけで買い物を行うことができる。機械やサービスの存在を意識させずに、実店舗での新たな購買体験が実現されているのだ。
直感的な機械の利用による人の能力の最大化、機械による能動的なサポート、双方のメリットを組み合わせることで人と機械の協調関係を作り出すことができる。ただ運転するだけで、AIが車に危険回避動作をさせるように、人の柔軟な対応力と機械による正確で素早い判断の組み合わせにより、これまで以上にITのメリットを享受することができる。この関係性の追求は、ITサービスにおけるユーザとの関係を新たなステージへと広げ、サービスの革新を引き起こすだろう。