再確認されるデータ主導

EMERGING TECH 04

自らデータで現状を把握・分析し戦略を決定できる範囲こそが事業領域になった。マーケティングにとどまらず、連続的改善や機械学習の原資となる詳細でリアルタイムなデータ蓄積と活用の技術確保が、ビジネスの主導権を決する。