IT主導が目指す未来

INTRODUCTION

ITが主導する社会の継続は大きな課題だ。
成長の源泉である技術革新の継続がまず最初の挑戦になる。さらに地球環境保護の新たなルールへの対応、人や社会に深く浸透するITサービス企業のあるべき姿が求められる。ITがますます社会の根幹を担うならば、そこで扱われるデータの出自の証明、膨大に積み上げられていく記録を後世に残す営みも必要だろう。
こうしてITが真に社会の基盤を担いながら、さらに活動領域を拡げていく取り組みを確認し、未来の可能性を見出していく。