食農・農業

「食」と「農」をキーワードに新たなビジネスを創造し、日本の農業活性化に貢献する
NTTデータは農業生産現場の情報をデジタル化し、『「食」と「農」の情報マッチングビジネス』の実現をめざし取組みを進めています。
合わせて、農産物の需要側から『求められる生産情報』『価値を生み出す情報』を把握する取組みも実施。
食農分野に関わるNTTグループおよびNTTデータグループ各社とも連携しながら、営農支援プラットフォーム「あい作®」やAI・画像解析、ドローンなどの技術も活用し、農作物の生産と流通・販売、消費に関わるすべての人をつなぐことで、日本の農業を支えていきます。

ピックアップ

ラインナップ

お客様のソリューションに合わせた開発とともに、パッケージの提供もしています。

気象API

気象の予測データや過去データを活用できる気象データ処理システム
「HalexDream!を使用したAPI」は、気象情報を活用して業務課題を解決したいお客様に、手軽に気象情報を活用いただくため、お客様の扱いやすさを重視して開発した「気象データ処理システム」です。予測データだけでなく、過去データ(2012年以降)も取扱っており、気象に関するお客様の目的・課題に沿った多様な支援が可能です。※API形式のみならず、お客様のご要望に応じて、xmlやcsv形式による提供も可能です。
流通 | 食農・農業 | 金融 | ウェブサービス | クラウド | ビッグデータ・BI

タブレット型現地調査システム

農業関係機関の農地現況確認業務を支援
自治体やJAが行う、農地の現況確認業務を支援するシステムです。農地台帳の属性情報と農地の図形データをタブレット端末に搭載し、担当者が現地で実施する業務を効率化。これまで手間のかかっていた、確認対象農地の特定や、現況記録、台帳修正の作業をタブレット一台で可能とし、作業時間の大幅な短縮と確認作業の正確性の向上を図ることができます。
食農・農業 | GIS・GPS

GISソリューション 水田農業支援システム

水田農業に関わる情報を地図と重ね合わせ視覚的に管理
農地に関する台帳の整備と活用、その情報を地図に展開して地域の農業の実態を見える化します。
食農・農業 | GIS・GPS

農地中間管理事業支援システム

農地および農地の貸付人・借受人の管理、中間管理権の設定、賃借料の徴収・支払対応などのデータ管理や運用を、都道府県に所属する農地中間管理機構様および委託先組織を通じて効率的かつ一元的に行うことができます。
食農・農業 | ウェブサービス | アウトソーシング

あい作

営農支援プラットフォーム
あい作は、農業生産者・組合担当者にご利用頂く営農支援サービスです。産地の栽培情報の見える化や双方向のコミュニケーションを促進し、営農力向上・業務効率化を実現します。例えば生産履歴記帳の電子提出が可能となったり、蓄積されたデータを活用し、データドリブンな農業ICTを実現する等、高度な営農業務を支援します。
また、スマートフォンで撮影した画像から、稲の生育ステージ判定を行うAI診断機能も提供します。
食農・農業 | 流通 | ビッグデータ・BI | クラウド

お客様事例

レポート&コラム

連載:The Future of Food 2030(3)
~「食のパーソナライゼーション」を支える先進テクノロジー~

前回の記事では、食におけるパーソナライゼーションの変遷と、その先にある未来のコンセプト(Personalization3.0)をご紹介した。
その実現のためには、消費者が手軽に・簡単にデータを提供できる仕組みである、「Frictionless Technology」が鍵となる。
本稿では、その仕組みの重要性と、今後の進化の方向性について考えていきたい。
製造 | 食農・農業 | 医療・ヘルスケア | ビッグデータ・BI | AI(人工知能) | IoT | フードテック | パーソナライズ
2020年10月22日

連載:The Future of Food 2030(2)
~Data Drivenがもたらす食のパーソナライゼーション~

超高齢化社会の到来や、ライフスタイルの変化等を背景に、消費者の「食」に対する価値観は多様化している。
「食」を提供する企業が生き残っていくためには、消費者と直接つながり、今までにないデータの取得・活用を通じて、一人ひとりにあった価値を創出していくこと(パーソナライゼーション)が必要となる。
本稿では、食に関する国内外のパーソナライゼーションの状況、過去から現在に至る変遷に触れながら、2030年のパーソナライゼーションの姿を考えていく。
製造 | 食農・農業 | 医療・ヘルスケア | ビッグデータ・BI | AI(人工知能) | IoT | 製造 | 医療・ヘルスケア | ビッグデータ | BI | AI | IoT | フードテック | パーソナライズ
2020年7月27日

連載:The Future of Food 2030(1)
~コロナにより加速するフードテック~

デジタル技術の進化によって、食とデジタル技術の融合、いわゆるフードテックが私たちの食生活やサプライチェーンのあり方を大きく変えていくと言われており、このフードテックは世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス(以下「コロナ」という)によって急速に私たちの日常に溶け込んできている。スタートアップへの投資状況をみても2020年1~3月の全世界の投資額が前年同期比で約10%落ち込む中、フードテック領域は約25%増加しているというデータもあるようだ。10年後の2030年、私たちの食を取り巻く世界はどのような姿に進化しているだろうか。
連載を通して食の未来を想像するとともに、食にまつわる、さまざまな社会課題をデジタル技術で解決していく道筋を考える。
製造 | 食農・農業 | 医療・ヘルスケア | ビッグデータ・BI | AI(人工知能) | ロボティクス | 製造 | 医療・ヘルスケア | ビッグデータ | AI | ロボティクス | フードテック | パーソナライズ
2020年6月1日

食農・農業に関連するサービス

AI(人工知能)

急速な勢いで進化を続けるAIをいかにビジネスに活用するか?幅広いビジネス課題に対応するAI活用のポイントとNTTデータの最新の取り組み事例やニュースを紹介します。

IoT

IoT活用をビジネスの検討段階からサポート

GIS・GPS

お客様ビジネスの可能性を広げる、多彩なGIS・GPSソリューションのご提供