提言 Re-Design by Digital
―デジタルによる社会の再構築―

NTTデータ経営研究所は、2020年7月に『「オンライン・ファースト社会」という新しい日常』と題した提言の中で、「生身の人間の活動としてのリアルとオンライン(デジタル)という新しいリアルを自在に使いこなす」という考え方を発表しました。その考え方に基づき、「目指すべきデジタル社会の方向性」、「デジタル社会を支える情報システムの在り方」、「デジタル社会実現のために必要となる人材」の3つの観点から具体的に実現すべき7つのメッセージについてまとめました。

アーキテクト 新たな社会を描き、実現するために必要な人財

新たな社会を思い描き、デジタル技術を駆使して、その実現を果たすためには「アーキテクト」が必要です。

従来の価値観にとらわれず、物事を多面的にとらえ、整合のとれた社会の「あるべき姿」を描くことができる人を、私たちは「トップアーキテクト」と呼びます。トップアーキテクトが描く社会のそれぞれの具体的なしくみをデザインし、その実現を進めていくのは、専門知識を持ち、豊富な経験を積んだ人財「アーキテクト」です。

トップアーキテクトとそれぞれの専門性を持つ複数のアーキテクト。両者の働きが組み合わさって、これからの新たな社会を創り出していくと私たちは考えます。NTTデータも、さまざまな領域の専門性を持つ「アーキテクト集団」として、その実現に貢献していきます。

偉大なる「トップ・アーキテクト」 レオナルド・ダ・ヴィンチ

14世紀、ルネサンスという新たな時代の幕開けの裏には、ペストの大流行がありました。
ルネサンスを代表する芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ。絵画のみならず建築学、解剖学、物理学などあらゆる学問に精通していた彼は、都市を一つの生き物ととらえ、水の流れや空気の流れといった自然界の法則をヒントに「感染症を防ぐ理想の都市」を考案したとされています。

さまざまな知見をもとに、あるべき社会を思い描いた彼の姿は、私たちが考える「アーキテクト」そのもの。
500年の時を経たいま、彼の業績は新しい社会を創りだす示唆に満ち溢れています。

写真提供 ユニフォトプレス

情報未来研究会

「情報未来研究会」はIT社会の潮流を見つつ、健全な社会や企業のありかたを探るため、NTTデータ経営研究所の創立以来、継続的に実施している活動です。NTTデータ経営研究所アドバイザーを務める慶應義塾大学の國領二郎教授を座長に据え、経営学および情報技術分野の有識者とNTTデータ及びNTTデータ経営研究所メンバーの合計12名を委員として、今年度は「Withコロナ」をテーマとした議論を開催しています。

新しい「これから」を描く ~NTTデータが考える新しい社会と実現に向けた取り組み~