FINALUNA® rock-solid framework

金融機関の基幹系システム向けJavaソリューション

商品概要

岩盤(rock-solid)のような堅固さが要求される金融機関の基幹システム向けAPフレームワークです。オープンでスタンダードなJavaにより、非機能要求グレードが汎用的に示す「社会的影響が極めて大きいシステム」よりも高い「可用性」、「運用・保守性」を実現します。日本銀行の「新日銀ネット」に採用されています。

システム構成・サービス構成

用途・適用業務

位置付け

非機能要求グレード(2009年5月26日公開版)が汎用的に示す、「社会的影響が極めて大きいシステム」よりも高い「可用性」「運用・保守性」の実現も可能とすることを目標にしています。

適用領域

勘定系の基幹業務、決済インフラ、MFの更改など。

注 非機能要求グレード
システム基盤に関わる非機能要求を受発注者が段階的に詳細化しながら確認するためのツール群。非機能要求を「可用性」「性能・拡張性」「運用・保守性」「移行性」「セキュリティ」「環境・エコロジー」の六つの大項目に整理し、要求レベルの選択肢や設定例を提示して確認漏れや認識違いを軽減する。

メリット・効果

オープンでスタンダードなJavaによる金融機関のオンライン基幹業務処理を実現できるようになります。また、大規模な基幹系システムを、互いに疎結合なサブシステムに分割し、SOAコンセプトで統合した保守効率の高いシステムに更改できるようになります。さらに、プラットフォームをz/OSにすることによって、非常に高いRASISの要求を実現するとともに、将来のノンストップ・エンタープライズ・クラウド環境を含めた対応力を強化できるようになります。

特長

FINALUNA rock-solid frameworkの概要

名前の由来

岩盤(rock-solid)のような堅牢なシステムを実現するFINALUNAのフレームワーク。

機能

「FINALUNA rock-solid framework」は、以下の主要な3つの機能を提供します。

  1. FINALUNA rock-solid ESB
    電文欠損の無い高信頼なシステム間連携機能を提供することにより、疎結合なサブシステムをSOAのコンセプトによる統合を実現するESB。
  2. FINALUNA rock-solid Java framework
    Javaのトランザクションを細かくコントロールし信頼性を向上させることで、基幹系システムをJavaで構築できるようにする、Javaフレームワーク。
  3. FINALUNA rock-solid autonomic operations
    大量のアプリケーションログを高速に処理することにより、業務処理を準リアルタイムに監視し自律的運用を実現する。クラウドコンピューティング向け技術を活用。

何をお探しですか?