「PRIDE指標2021」においてゴールドを受賞 ~2017年から5年連続で最高レベル評価を獲得~

お知らせ

2021年11月11日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2021年11月11日、任意団体work with Pride(以下:wwP)注1が策定した職場でのLGBTQなどのセクシュアル・マイノリティー(以下:LGBTQ)に関する取組評価指標「PRIDE指標2021」において最高レベルのゴールドを受賞しました。ゴールドの受賞は2017年から5年連続となります。

また、グループ会社である株式会社NTTデータ関西(2016年から6年連続)、NTTデータマネジメントサービス株式会社、株式会社JSOLも「PRIDE指標2021」でゴールドを受賞しました。

NTTデータは、今後も性的指向や性自認にかかわらず、多様な人財が活躍できる環境づくりを引き続き推進していきます。

PRIDE指標について

wwPが目指す「企業等の枠組みを超えてLGBTQが働きやすい職場づくりを日本で実現する」を目的に策定された指標で、本指標に対する企業等の取り組み内容を毎年募集、表彰する、2016年度から始まった取り組みです。

PRIDE指標は以下の5指標から構成されており、各指標内の項目のうち、指定された項目を満たす数により、ゴールド、シルバー、ブロンズとして企業・団体が表彰されます。
1.Policy(行動宣言)、2.Representation(当事者コミュニティー)、3.Inspiration(啓発活動)、4.Development(人事制度・プログラム)、5.Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)

wwP Gold2021ロゴ

NTTデータの受賞について

NTTデータは、ダイバーシティ&インクルージョンを、企業の競争力を高め、持続的に成長し続けるための重要な経営戦略の一つとしてとらえています。多様な人財がその能力を最大限に発揮し、活躍し続ける環境づくりに向けて、LGBTQについてもさまざまな継続した取り組みを行っていることが評価されました。

2016年~ 経営幹部メッセージ発信、制度適用(慶弔金・休暇)、専用相談窓口開設、人権職場学習会、各種研修等への組み込み、イントラサイト開設、オリジナルアライ注2グッズ制作
2018年4月~ 配偶者およびその家族にかかわる制度全般について同性パートナー等への適用拡大
2019年4月 東京レインボープライド(Tokyo Rainbow Pride)参加
2021年6月 プライド月間にあわせてアライロゴおよびガイドラインを策定、世界各国の拠点で使用

上記に加えて、毎年LGBTQセミナー開催、LGBTQの支援者「アライ」に関する当社行動指針の表明などの取り組みを進め、「アライ」は410人を超えました。
これからも、NTTデータはイノベーションによる価値創出の原動力として、LGBTQ等性的マイノリティーを始めとした多様な価値観や個性をもつメンバーが働きやすい環境づくりを進めていきます。

適用している制度例

NTTデータでは、誰もが安心して働ける環境づくりをさらに推進するため、2018年4月1日より、各種手当や福利厚生など、配偶者およびその家族にかかわる制度全般を同性パートナーにも適用しています。

休暇関連 結婚休暇・忌引休暇に加え、パートナーの出産・育児にかかわる休暇、パートナーならびにパートナー家族の看護・介護にかかわる休暇等
手当関連 扶養手当、単身赴任手当等
福利厚生関連 慶弔金・慶弔電報の発信に加え、社宅入居等

その他のNTTデータのLGBTQ等性的マイノリティーに関する取り組みは以下をご覧ください。
https://www.nttdata.com/jp/ja/sustainability/diversity-inclusion/people/

注釈

  • 注1work with Pride(wwP)とは
    企業などの団体において、LGBTQ、すなわちレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどの性的マイノリティーに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体です。
    https://workwithpride.jp/
  • 注2アライ(ALLY)…LGBTQの支援者のこと。当事者にとって、カミングアウトするか否かにかかわらず、気持ちの面、働きやすさの向上の面でも職場でのアライの存在が重要です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
コーポレート統括本部
人事本部
ダイバーシティ推進室
作田、豊島、前田
TEL:050-5546-8725

- NTTデータは、「これから」を描き、その実現に向け進み続けます -