CAFIS BlueGateTMユーザー認証サービスVISA・MasterCard・JCBのインターネット本人認証サービスに対応 〜株式会社ディーシーカードが平成16年4月8日から利用開始〜

ニュースリリース/NTTデータ

2004年4月 8日

株式会社NTTデータ

 (株)NTTデータは、インターネット決済プラットフォーム「CAFIS BlueGateTM(キャフィスブルーゲート)※1」において、インターネット上でのクレジットカード決済をより安全に行うための本人認証技術「3-D SecureTM (スリーディーセキュア)※2」に対応したASPサービス「BlueGateユーザー認証サービス」を平成14年9月より提供していますが、本サービスにおいて今回新たに、マスターカードインターナショナルと(株)ジェーシービーが展開するインターネット本人認証サービスに対応し、クレジットカード発行会社に対して提供を開始しました。
 これにより、本サービスを利用するクレジットカード会社は、ビザ・インターナショナルの本人認証サービスに加え、国際クレジットカード3ブランドの本人認証サービスに対応することが可能となります。

 本サービスを利用し、本日より(株)ディーシーカードが新たにマスターカードのインターネット本人認証サービスを利用者に対して提供開始します。また、平成16年5月より順次、イオンクレジットサービス(株)、日本信販(株)、三井住友カード(株)が本サービスを利用した認証サービスの提供を開始する予定です。


【サービス内容】
 ビザ・インターナショナルは「VISA認証サービス」、マスターカードインターナショナルは「MasterCard® SecureCodeTM」、ジェーシービーは「J/SecureTM」という3-D Secureに準拠したインターネット本人認証サービスを展開しています。この認証サービスは、インターネットショッピングの際、現在主流となっているクレジットカード番号と有効期限に加え、事前にクレジットカード会社から取得するオンライン専用の「パスワード」を入力することにより、実店舗でのクレジットカード決済における「サイン」記入と同等の処理をインターネットショッピングで可能とします。

 「BlueGateユーザー認証サービス」は、クレジットカード会社がこれら国際クレジットカードブランドの認証サービスに対応するために必要な環境をCAFISセンタ内に構築し、ASPとして提供するサービスです。
 本サービスの特徴および導入メリットは以下のとおりです。

  1. 国際クレジットカード3ブランドに対応
     本サービスを利用するクレジットカード会社は、国際クレジットカード3ブランドの本人認証サービスに対応可能です。
  2. ASP方式によるメリット
    • コストメリット
       クレジットカード会社が3-D Secure対応のため独自にシステムを構築すると、パスワード登録や認証処理のためのサーバやデータベースなどの構築に数ヶ月の期間と数億円のコストが必要です。本サービスを利用することにより、短期間かつコストを抑えて国際クレジットカード3ブランドの認証サービスに対応することが可能となります。本サービスは月額30万円から利用可能です。
    • 将来性
       今後の3-D Secure仕様変更やバージョンアップなどの際も、CAFISセンタ側の対応のみでカード会社側での個別のシステム対応が不要です。
  3. 高いセキュリティ
     クレジットカード会社から預かるパスワードなどのセキュア情報について、国際クレジットカード3ブランド規定のセキュリティ要件に加え、CAFISセンタですでに運用しているICカード決済時のイシュア認証代行サービス※3などの運用実績を元に万全なセキュリティで管理します。
  4. 柔軟なカスタマイズ
     インターネットショッピング利用者に表示される認証画面など、カード会社独自のカスタマイズに柔軟に対応します。


【今後の展開】
 NTTデータは、「BlueGateユーザー認証サービス」において、今回の3ブランドの本人認証サービス対応により、平成16年度末までにクレジットカード会社10社程度の新規獲得を目指します。
 また、ネットショップが有益な販売チャネルの一つとして定着し、オンライン取引市場が今後ますます拡大していくと予想される中、本サービスでは今後も携帯電話ユーザに対する本人認証サービスなど、インターネットショッピングに求められるサービスを順次提供する予定です。


※1 CAFIS BlueGate … NTTデータのカード決済総合ネットワーク「CAFIS®」で提供しているインターネット決済のための各種サービス。CAFISは、Credit And Finance Information Systemの略。1984年2月よりサービス開始。クレジットカード会社・金融機関・企業・加盟店などの相互間で、クレジット情報(与信照会、売上など)、および資金移動情報(デビット・サービス、コンビニCDサービスなどにおける資金移動情報)のオンライン・トランザクションを中継するサービス。

※2 3-D Secure … ビザ・インターナショナルが開発したインターネット決済のセキュリティ・プロトコル。ビザ、マスターカード、JCBの国際クレジットカード主要3ブランドが導入・推進し、3Dセキュアに準拠したユーザー認証サービスを展開している。

※3 イシュア認証代行サービス … 平成14年8月5日より提供開始。カード発行会社が行うイシュア認証をCAFISセンタで代行するサービス。イシュア認証とは、ICクレジットカード決済で行われる、オーソリゼーションとは別にICカードそのものが真正であるか否かについての認証で、ICカード決済特有の認証であり、偽造クレジットカード使用を防ぐが、カード会社は個別に認証用システムを構築する必要がある。


*「CAFIS®」は株式会社NTTデータの登録商標です。
  「CAFIS BlueGateTM」は株式会社NTTデータの商標です。
  その他、文中に記載されている商品・サービス名はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先
報道関係のお問い合わせ
株式会社NTTデータ
広報室 塩手
TEL:03-5546-8051
サービスに関するお問い合わせ
株式会社NTTデータ
ビジネス開発事業本部
カード決済ビジネスユニット 稲舘・内山・西川
TEL:03-3447-5481