ニュースリリース/グループ会社


みやけエコネットへのメッセージ
三宅島三宅村 平野祐康村長
〜 みんなの手で作り上げるエコサイトに無限の可能性 〜


 日頃の皆様の暖かいご支援・ご声援に感謝申し上げます。
  このたびの「みやけエコネット」は、三宅島を知る人、知らない人に三宅島の豊かな自然情報を発信するために、みんなの手で作り上げていく無限の可能性を秘めたものだと思います。このサイトに訪れて、三宅島に行ってみようと興味を持っていただき、是非ご来島ください。
 来島される皆様が今の三宅島を見てどう感じていただけるのか期待と不安が入り交じりますが、夏休みを使って自然の驚異と回復に向かう三宅島の素晴らしさを体感してみて下さい。多くの皆様のご来島を心よりお待ちしております。

【写真】
アカコッコ館 レンジャー/みやけエコネットウエブマスター 山本 裕
〜 刻一刻変わる島の自然を伝える 〜


 三宅島の自然は、今大きく変わりつつあります。山頂火口から放出される火山ガスの量が減ってきたことで、緑が徐々に回復し、アカコッコやカラスバトなど固有の野鳥たちが戻ってきています。森ではガクアジサイ、海岸ではスカシユリ、ハマカンゾウなどが咲き、緑の中に彩りを添えています。島の自然は刻一刻と移り変わり、さまざまな局面を見せ始めています。あなたも「みやけエコネット」に参加して、島の自然が再生していく様子を記録してみませんか。 【写真】
三宅高等学校 教諭 池田雅彦氏、青谷知美氏
〜 高校生も積極的に参加 〜


 「みやけエコネット」という素晴らしい情報発信の場を与えていただきありがとうございました。テレビやラジオでは伝えられない"三宅島の宝"を「みやけエコネット」を通して、発信できるのではと期待しています。すでに、三宅高校で「三宅島自然研究」を選択している生徒らが、「ウチヤマセンニュウ」、「ミヤケコゲラ」等を確認しデジカメに収めました。回復に向かっていく三宅島の自然の姿、また自然がもつ力強さを全国に伝えられるよう、生徒共々楽しみながら頑張っていきたいと思っています。

【写真】
NTTデータ
〜 ITを活用した"しくみ"で、人と社会に豊かと夢を提供したい 〜


 プロジェクトメンバーの一員として、私たちが提供しているサービスやノウハウが、このたび「みやけエコネット」という新しい"しくみづくり"に貢献でき、喜びを感じています。
  この「みやけエコネット」が三宅島の皆様をはじめ、多くの人々、社会にとって、限りない可 能性をひろげてくれるものとなるよう、また、"豊か"で"夢"のあるものとなるよう、プロジェクトの皆様と共に考え、価値を創出していきたいと思います。是非多くの皆様に賛同、参加していただき、みんなでこのサイトを盛り上げていきましょう。