ニュースリリース/グループ会社

【参考資料】
【図】CAFIS料金体系の考え方
【図】CDS料金体系の考え方
○料金算出例:月間取引件数が250万件のクレジットカード会社のショッピングデータ処理料金
◆これまで
10万件 × 3.325円 = 332,500円 取引件数10万件までの料金
10万件 × 3.150円 = 315,000円 10万件〜20万件までの部分の料金
10万件 × 2.975円 = 297,500円 20万件〜30万件までの部分の料金
20万件 × 2.800円 = 560,000円 30万件〜50万件までの部分の料金
50万件 × 2.625円 = 1,312,500円 50万件〜100万件までの部分の料金
150万件 × 2.450円 = 3,675,000円 100万件〜250万件までの部分の料金
合計:6,492,500円/月 (77,910,000円/年)

◆料金改定後(平成17年10月1日〜)
10万件 × 3.325円 = 332,500円 取引件数10万件までの料金
10万件 × 3.150円 = 315,000円 10万件〜20万件までの部分の料金
10万件 × 2.975円 = 297,500円 20万件〜30万件までの部分の料金
20万件 × 2.800円 = 560,000円 30万件〜50万件までの部分の料金
50万件 × 2.625円 = 1,312,500円 50万件〜100万件までの部分の料金
100万件 × 2.450円 = 2,450,000円 100万件〜200万件までの部分の料金
50万件 × 2.275円 = 1,137,500円 200万件〜250万件までの部分の料金
合計:6,405,000円/月 (76,860,000円/年)

となり、年間で1,050,000円(約1.3%)の減額となります。