ニュースリリース/グループ会社

参考資料(1)「みやけエコネット」について

みやけエコネットとは(http://www.miyake-eco.net)
株式会社NTTデータが社会貢献活動の一環としてシステムを提供し、三宅島復興のための情報発信ウエブサイト(三宅村、NGO日本野鳥の会との共同プロジェクト)。
特長1 NTTデータがみやけエコネットのために新開発した、地図を検索のキーとするブログシステム「エリアログ」を採用。
特長2 だれもが気軽に発見した自然情報を全国に発信できるブログ型のコミュニティサイト

・エリアログについて
地図情報と連動したブログシステム。サイト公開当初から採用されている「エリアログ」による"ワンダーマップ"は、これまでの1年間のノウハウを活かし、より一層使いやすいように改善していく予定。「エリアログ」は、地図情報に一般生活者が写真や動画とともに情報を自由に加えていく技術で、地域活性化や商用など応用範囲の広さと可能性が注目されている。 【画面イメージ】

・Geoコンテンツ
NTTデータの衛星画像をベースとした地理情報のトータルソリューション。噴火以前から噴火後の自然が自己治癒していく姿を、衛星写真をもとに分析したコンテンツを提供。
【写真】 【写真】

・閲覧状況など(2005/7/22〜06/7/10)
一日平均:8000ページビュー
投稿された記事(コメント含む):約1500件(7月まで) (三宅島内 約80%、島外約20%)
情報投稿者(登録ベース):100名 (三宅島民 約70%、島外約30%)
投稿された記事内容:海関連約35%、森関連35%、鳥20%、その他10%
投稿の時期は、自然観察に適した春季〜夏季がもっとも多いが、ダイビングシーズンの続く秋季や渡り鳥の多い冬季にも継続的な利用が続いている。
5月に始めた動画ポッドキャストや、06年の自然観察シーズン真っ只中で、アクセス数、投稿数とも増加傾向にある。
ポッドキャストは累計で15,000ダウンロード(7月17日現在)