ニュースリリース/グループ会社

2007年ニュースリリース

【別紙:TERASOLUNA(詳細)】

 TERASOLUNAは、「フレームワーク」「開発プロセス」「プロジェクト管理」からなるシステム開発のトータルソリューションです。

【TERASOLUNAフレームワークの特徴】

 TERASOLUNAフレームワークは、これまで250以上のシステム開発で適用された実績があります。弊社のノウハウを継続的に反映し、改良を重ねた信頼性の高いフレームワークです。

  1. Java、.NET対応
    サーバ用フレームワークとしてJavaおよび.NETに対応しています。
    業務アプリケーションで重要となる画面制御、データベースアクセス制御、ログ出力、例外処理などを自由に構築できる部分を規定し、機能として提供しています。
    1. 「TERASOLUNA Server Framework for Java」
      世界的に数多くのプロジェクトで適用されているオープンソースのJavaフレームワークSpring Frameworkをベースに拡張しています。
    2. 「TERASOLUNA Server Framework for .NET」
      Microsoft社の.NET Framework/ASP.NETをベースに拡張しています。
  2. リッチクライアントをサポート
    クライアント用フレームワークとしてJavaおよび.NET、AJAXに対応しています。
    Webアプリケーションの特性である配布の容易さと基幹系業務などに要求される高い操作性・応答性の実現を目指すリッチクライアントに対応したフレームワークを提供しています。
    1. 「TERASOLUNA Client Framework for Java」
      Java SEで標準提供されているSwingをベースに拡張しています。
    2. 「TERASOLUNA Client Framework for .NET」
      Microsoft社の.NET Framework/Windows Formsをベースに拡張しています。
    3. 「TERASOLUNA Client Framework for AJAX」
      NTTデータのAJAXフレームワークであるマスカットTMを使用しています。
  3. バッチをサポート
    「TERASOLUNA Batch Framework for Java」は、Spring Frameworkをベースとしたバッチアプリケーション用のフレームワークです。Javaの開発要員がバッチアプリケーションの開発も行うことができます。

【TERASOLUNA開発プロセスの特徴】

 TERASOLUNA開発プロセスは、NTTデータの数多くのシステム開発で培ってきた豊富なノウハウを取り込んだ、システム開発の手順書です。

  1. ソフトウェアアーキテクチャ中心
    業務に依存しないアプリケーション共通基盤を分離し、ソフトウェアアーキテクチャとして定義します。業務口ジックに先行して設計・実装を行うことにより、技術的なリスクを早期に抽出・回避し、高品質なアプリケーションを開発することができます。
  2. インフラ構築プロセスを明確化
    サーバ環境やネットワーク、運用環境などのインフラ構築に関連する作業プロセス、責任範囲等を明確に定義します。これにより、適切に作業を実施することができ、高品質なインフラの提供が可能となります。
  3. UML・オブジェクト指向サポート
    業務分析、および設計の表記法において世界標準であるUMLをサポートしています。

表1.公開対象一覧

TERASOLUNAプロダクト ライセンス 公開方法 公開日注1
フレームワーク TERASOLUNA Server Framework for Java
(Web版)
Apache License2.0 「SourceForge.jp」にて公開
http://terasoluna.sourceforge.jp/外部サイトを別ウインドウで開きます
(11月30日より公開開始)
2007年11月
  TERASOLUNA Server Framework for Java
(Rich版)
    2007年度内
  TERASOLUNA Batch Framework for Java     2007年度内
  TERASOLUNA Client Framework for Java     2007年度内
  TERASOLUNA Server Framework for .NET -注2   2008年度予定
  TERASOLUNA Client Framework for .NET -注2   2008年度予定
  TERASOLUNA Client Framework for AJAX Apache License2.0   2007年度内
開発プロセス TERASOLUNA開発プロセスWBS -注2 書籍化注3 2007年12月

注1 現在の公開予定日。状況等により変更となる場合もあります。
注2 現在、調整中のため、ライセンス形態は未定。
注3 TERASOLUNA開発プロセスWBSをご希望の場合は、「本件に関するお問い合わせ先」の「その他のお問い合わせ先」までご連絡ください。

【TERASOLUNAプロジェクト管理の特徴】

 システム開発における計画の作成から実施、評価までを総合的に管理します。

  1. PMBOKの採用
    プロジェクト管理における国際的デファクト・スタンダードであるPMBOK( Project Management Body of Knowledge )を採用しています。信頼性を高めるとともに、他のプロジェクト管理手法とも整合させやすい汎用性を確保しています。
  2. イテレーション型ライフサイクルにも対応
    従来型の開発スタイルであるウォーターフォール形ライフサイクルだけでなく、システムの機能を少しずつ切り出して開発するイテレーション型ライフサイクルにも対応しています。
  3. ユースケースドリブン
    お客様の視点でシステムのサービスを記述したユースケースをプロジェクト管理の基本単位に設定しています。お客様と開発側の視点をあわせることで、開発状況の認識のずれを防止できるとともに、プロジェクト管理そのものの透過性を向上させます。
ニュースリリースについて
ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。