保険代理店と契約者接点をデジタル化するプラットフォームを提供開始

サービスインフォメーション

2022年1月31日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、保険契約者と保険代理店のコミュニケーションをオンライン上で実現するプラットフォーム「契約者プラットフォームサービス」(以下、本プラットフォーム)を提供開始しました。
本プラットフォームはNTTデータのセキュアなクラウド基盤上に構築したSaaS注1で、「認証認可」「マイページ」「チャット」「お知らせ通知」「保険契約管理機能」などを基本コンテンツとして備えます。各種機能は保険代理店の業務に合わせ選択可能な仕様としており、必要機能を組み合わせ契約者へ提供可能な柔軟性を有します。また、本プラットフォームを起点として、外部システムへの認証連携や保険代理店の基幹システムとの連携、その他外部SaaS等のシステム連携に際したAPI注2活用も可能です。
保険代理店は本プラットフォームを利用することで、契約者へのプロアクティブな情報提供やチャットを使った契約者との双方向コミュニケーションが可能になります。契約者は保険に関する情報取得が容易になり、保障の見直しなどの相談を行いやすくなります。

背景

保険業界では昨今、保険会社の営業職員やWEBサービス企業の参入などの販売チャネルの拡大によって保険の販売競争が激化しています。また、保険業界では2016年の保険業法改正注3以降、顧客本位の業務運営により、保険代理店は契約者への適切な情報提供義務や意向把握義務、保険販売後のアフターフォロー等も求められ、保険募集にかかる体制整備は保険代理店にとって非常に負荷が高い状況です。
そして、ポストコロナのニューノーマル時代では、感染症対策へ配慮し、3密を回避した社会・経済活動が不可欠となっています。そのような環境下で、保険代理店はこれまで対面で行ってきた業務のデジタル化を、より一層進めていく必要があり、契約者とのデジタル上のチャネル構築による緊密な情報提供や顧客接点の獲得が1つの対応策となるものの、そうした環境の構築は保険代理店にとって負荷が高く難しい課題でした。

概要

本プラットフォームは保険代理店と契約者のコミュニケーションをオンライン上で実現するプラットフォームです。

機能 説明
認証・認可 契約者の認証を行い、契約者の属性情報に応じたコンテンツの出し分けができます。また、2段階認証及び二要素認証を備え高いセキュリティを兼ね備えます。
マイページ マルチテナントで契約者毎にマイページを提供することが可能です。また契約者の属性に応じたコンテンツの出し分けも可能です。
保険契約管理 保険代理店が保有する契約情報の表示・登録・更新ができます。保険代理店が保有する契約データをアップロードすることにより契約者の操作なく表示させることが可能です。また、契約者は代理店以外で加入している保険も一元的に管理することが可能となるため、自身の保険加入情報をいつでも参照可能です。
お知らせ・お問合せ
(コミュニケーション)
契約者と保険代理店間のコミュニケーションを促進するためのお知らせ通知機能、契約者からのチャット機能、FAQを備えます。具体的には、お知らせ機能はメールでの通知やネイティブアプリ提供の場合、ポップアップによる通知が可能です。
認証連携 OpenIDConnect注4を利用した外部サービスへの認証連携機能を備えます。本プラットフォームを起点とした認証連携が可能となり、連携システムごとのIDとPW等の入力を省力化することで、契約者の利便性が向上できます。

「認証認可」「マイページ」「お問い合わせ」「お知らせ通知」といったコミュニケーション手段や、保険契約管理機能を有し保険代理店の目的や業務に合わせて、(3)~(5)やオプション機能を組み合わせて利用することが可能です。

また、保険代理店の要望に応じて、基幹システムとのバッチ連携やAPI連携、外部システムとの認証連携、ネイティブアプリの提供も検討可能です。APIを活用することで、保険代理店の要望に合わせたインターフェースでコンテンツを契約者へ提供することも検討可能となります。

価格

料金は個別見積もりのため、問い合わせ先までお問い合わせください。

今後について

NTTデータは本サービスについて2025年までに100万ユーザーの利用を目指します。また、他サービスや他プラットフォームとの連携、その他手続きのシームレス化なども目指し、保険契約者のカスタマーエクスペリエンス向上やさらなる保険代理店の業務効率化に努め、保険業界の発展に寄与します。

注釈

  • 注1SaaSとは「Software as a Service」の略でクラウド上に作られたアプリケーションやサービスを、インターネットを通じて利用する形態を指します。
  • 注2APIとは「Application Programming Interface(アプリケーションプログラムインターフェース)」の略で、APIを介する事で自社アプリケーションの機能を外部へ共有する事が可能となる技術です。保険代理店様のニーズに合わせて個別のカスタマイズ対応として対応可能です。
  • 注32016年の改正では、保険募集ルールの見直しがされ、主に「情報提供義務」「意向把握義務」といった保険募集における基本ルールの義務化、保険代理店における「体制整備義務」の導入がされました。
  • 注4OpenIDConnectとは本来、クライアント側で行っていた認証処理を、他のサーバー(OpenID Provider)に任せ、その認証結果のみを安全な方式(JSON Web Token)でクライアントが受け取って認証する方式です。
  • 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第一金融事業本部
保険ITサービス事業部
保険ネット担当
高橋、藤本
E-mail:Takeshi11.Takahashi@jp.nttdata.com
Yuusuke.Fujimoto@jp.nttdata.com

- NTTデータは、「これから」を描き、その実現に向け進み続けます -