2022.02.14

急速に進化するネットワーク領域で、つながる”あたりまえ”を追求する

今やつながることが“あたりまえ”となったネットワークですが、5G無線通信、Wi-Fi7などの新たな技術の台頭により、トラフィックは増加の一途を辿っています。また近年のテレワーク需要の高まりも後押しとなり、現在、非常にチャレンジングな領域となっています。その最前線に立つのが、ネットワークソリューション事業部 サービスイノベーション統括部です。今後、ますますセキュアで大容量のネットワーク環境が求められる領域を、NTTデータはどのように捉えているのでしょうか。同統括部長で、入社以来20年以上にわたってネットワークに携わってきたスペシャリストである小針隆幸が語ります。

Index

小針 隆幸
コンサルティング&ソリューション事業本部
ネットワークソリューション事業部 サービスイノベーション統括部 統括部長

インターネットが一般に普及し始めた1997年に、NTTデータに入社。今後、ネットワークは必要不可欠になると考え、志望していたネットワークコンピューティング事業部(当時)に配属。以来、ネットワーク領域でキャリアを積む。2015年、ネットワークソリューション事業部 サービスマネジメント担当 部長、2018年、同事業部 サービスマネジメント統括部長を歴任。2020年、同事業部サービスイノベーション統括部長に就任。

約600社のお客様に、およそ15万ノードを運用維持

NS_obari_01

小針隆幸が率いるネットワークソリューション事業部 サービスイノベーション統括部は、ネットワークの企画提案から設計構築、運用保守までワンストップで提供しています。2022年現在、約600社のお客様に、およそ15万ノードの運用を維持しています。これはキャリアを除いたネットワークサービス提供事業者としては国内最大級のスケールです。お客様の業界もさまざまで、そこで蓄積されるノウハウを新たな案件へと還元しています。

私たちの強みは、国内外のキャリアや機器ベンダーの中から最適な製品を自由に選択し、提案できることです。固有の製品に縛られず、お客様の要望に沿った最適なネットワークの実現を目指すことができます。

もちろん技術についても、お客様のニーズに合わせて選択します。最先端の技術を求めるケースもあれば、運用実績が豊富で安定性に優れた既存技術を望まれるケース、コストを最重視するケースなど、お客様それぞれの優先度に合わせた対応が可能です。

昨今のテレワーク需要の高まりによって、帯域を拡張したいという案件が増えています。システムの裏側で見えていなかったネットワークに、一気に注目が集まっているのを感じます。

またIoTの発達によって、大容量のデータ通信を常時行うリッチ端末が増えると考えられ、世の中の通信量は、ますます増加の一途を辿ると予想しています。

近い将来、ヒト・モノの動きをすべてトレースし、データを蓄積する世の中に変化していくでしょう。ネットワークは、それに耐えうるだけの性能まで高めなければなりません。私たちは、まだまだ進化を求められています。

ネットワークの量はもちろんのこと、その質も重要なポイントです。特にセキュリティに関しては、もはやネットワーク構築の上で最も重要視すべき要件の一つになっています。近年はお客様のシステムのクラウドシフトに伴って、パブリッククラウド(AWS等)やプライベートクラウドとセキュアな形で接続する要件、テレワーク環境から直接クラウド環境へセキュアな形で通信させる要件などが増えています。

昔と違って今はTCP/IPで規格が統一され、ネットワークをつなぐだけなら難易度はそれほど高くありません。大切なのは、つなぎたいところに、安全につなぐこと。このニーズに応えるため、新しいソリューションの目利きや、クラウド環境との新しい接続方式の確立などに日々取り組んでいます。加えて、次世代技術推進室の協力を得ながら、国内外の新しい技術をもった次世代企業をリサーチしており、いち早く私たちのソリューションに組み込もうという活動も推進しています。

自分の知識や能力が求められているなら、応えない理由はない

NS_obari_02

小針が仕事において大切にしているのは「逃げないこと」だと言います。お客様、同僚、部下を問わず、仕事をする相手の求めているものを想像し、その期待以上のアウトプットを出そうと、常に努力し続けてきました。

実際に期待以上かどうかは、相手が評価することなのでわかりません。でも、それに向けて努力することは自分で決められることだと考えています。

ひとたび声がかかれば、自組織の業務領域を越えた範囲であっても、トラブルシューティングに対応。定められた期限があるなか、非常に難航したケースもあったと言います。ただ、どのようなときも不具合事象の解消に向け、自分なりに懸命に取り組みました。その結果、すべてのケースで感謝され、名前を憶えてもらったとのこと。それが、次の新規案件にもつながりました。

逃げるか、しっかり飛び込んでいくか。その二択なら、自分は後者です。ヘルプを求められるのは、非常に難しいケースが多いです。むしろ、難しいからこそ、相手は困っているのです。困っている人がいて、自分の知識や能力が求められている。それに応えない理由はないと考えています。

入社以来、ネットワーク一筋で取り組んできた、小針のプロ魂が、ここにあります。

続々と新しい技術が登場する今こそ、ネットワークのスペシャリストになるチャンス

NS_obari_03

ネットワークソリューション事業部はネットワークのスペシャリストが集まる組織ではありますが、新しい人財に対しては、ネットワークに関する知識やノウハウは“あればよい”という考え方で、必ずしも必須にしていません。それよりも、ネットワークへの関心や新しい技術やサービスに対して試してみよう、挑戦してみようという情熱を持っている人に期待しています。

一昔前は、データセンターとお客様をつなぐクローズドなネットワークでよかったのですが、いまでは社内外からインターネットを経由してデータセンターやプライベートクラウドにつながる時代。接続した人を一人ひとり認証し、セキュアで大容量な接続を維持しなければなりません。そのための技術は日々進化しており、たえず学び続ける姿勢が求められる領域だからです。

ネットワークとセキュリティが融合していく流れは、今後も続いていきます。それに伴って、新しい技術はこれからも勃興してくることでしょう。ネットワークに興味のある人は、今こそ知識や技術を真っ先に習得できるチャンスだと思います。ネットワークソリューション事業部では、あらゆる業界のあらゆる要件のネットワーク関連プロジェクトがあります。セキュリティ案件の経験者はもちろん、これからセキュリティとネットワークのスペシャリストになりたい方にとって、私たちはベストな機会を提供できるはずです。

【参考】コンサルティング&ソリューション事業本部とは?

CS_2022

小針が在籍しているネットワークソリューション事業部は、NTTデータのなかのコンサルティング&ソリューション事業本部に属しています。コンサルティング&ソリューション事業本部は、デジタル変革のためのソリューションやサービスによって、お客様の事業発展を支えるミッションを担う全社横断組織です。さまざまな業界のお客様に対して、ビジネス観点と磨き上げたソリューションで課題解決にアプローチし、お客様と共に、経営環境にイノベーションを起こします。

※掲載記事の内容は、取材当時のものです

※掲載記事の内容は、取材当時のものです