防災・危機管理

災害からお客様の企業活動を守る、防災・危機管理ソリューションのご提供

防災・危機管理においては、BCP対策として災害から情報システムを守る高信頼なシステム環境の確保に加えて、緊急事態でも顧客対応や社員の安否確認など緊急連絡が行える通信ツールやITプラットフォームの設計が非常に重要となります。NTTデータでは、日常連絡から緊急時呼出まで幅広く活用できる通報システムや、対応マニュアルを参照しながら緊急対策が行える指揮支援システム、携帯電話・電子メール・ファクスなどを多様な連絡手段を駆使して一斉連絡を行う連絡網システムなど、多岐にわたるソリューションを展開し、いざという時に役立つ防災・危機管理を支援しています。

ピックアップ

ラインナップ

お客様のソリューションに合わせた開発とともに、パッケージの提供もしています。

危機管理・災害対策本部デジタル化プラットフォーム

災害・危機発生時における情報共有から指揮統制まで行えるデジタル化プラットフォーム
台風、地震、テロ、パンデミック等の災害及び危機発生時に、災害対策本部、対処現場、関連織間での情報共有や状況認識の統一と、リーダーの指揮統制の強化を図り、災害対応に対する企業、組織としてのレジリエンス(強靭化)を高めるシステムです。自然災害からの早期かつ的確な復旧、重要インフラの防護、大規模事故など危機のあらゆる場面において、被害や復旧状況を的確に認識することでお客様の意思決定を支援します。
建設・不動産 | 製造 | 流通 | GIS・GPS | 防災・危機管理

災害時エリアモニタリング自動化ドローン

国内随一の実績を誇る自律飛行ドローンによる映像情報収集配信システム
防災ドローン自動航行システムにより、災害発生時に避難道路や構造物などの被災状況を迅速かつ網羅的に把握することで、行政機関やインフラ事業者等の災害対応業務の高度化を実現。同時に多数のドローンを自律飛行させ短時間で必要十分な映像を収集し、一元的な管理のもとで関係先に配信を行います。AIによる映像解析、ドローンによる物資搬送といった機能も提供します。
官公庁・自治体 | 電力・ガス・水道 | AI(人工知能) | ロボティクス | 防災・危機管理

Maxar社(旧DigitalGlobe社)衛星画像

さまざまな分野で活用可能な世界最高解像度の衛星画像を提供
米国Maxar社(旧DigitalGlobe社)が保有する最高30cm解像度の衛星画像と、NTTデータの高度な画像処理技術を組み合わせ、さまざまな分野で活用可能な衛星画像・地図情報コンテンツ提供サービスです。
官公庁・自治体 | 建設・不動産 | 金融 | GIS・GPS | ウェブサービス | 防災・危機管理

AW3D® 全世界デジタル3D地図

世界で初めて世界中の陸地の起伏を5m解像度で表現したデジタル3D地図
衛星画像を活用し、圧倒的な提供スピードとコストの効率化を実現した0.5~5m解像度の高精細地形データです。現場のニーズに合わせた豊富なラインナップで、実用性に優れたデータを提供します。世界125ヶ国以上の幅広い分野のソリューションへ活用されています。
AI(人工知能) | GIS・GPS | 防災・危機管理

Road-Eye

映像解析により、道路で発生する異常事象を管理者・利用者に通知
道路監視カメラの映像を解析し、異常事象(落下物・渋滞・停止・逆走・人や動物の侵入等)を道路管理者や利用者に通知するシステムです。従来の目視による監視に加え、システムでも自動監視することで、監視負荷軽減を実現する他、初動対応の迅速化により利用者のヒヤリハット、二次被害を防ぎ、安全対策向上に貢献します。
官公庁・自治体 | AI(人工知能) | 防災・危機管理

intra-martオンラインバックアップ

intra-mart上に構築したシステムを24時間365日止めずにバックアップを取得
システム共通基盤「intra-mart」上で構築されたシステムにおいて、24時間365日システムを止めずにバックアップを取得します。障害などで、システム復旧が必要となった場合、取得したバックアップデータを使い、intra-martとして必要な整合性を含め、システム復旧が可能となります。(本ソリューションはintra-mart認定のパートナーソリューションとなっています。)
システム基盤設計 | ワークフロー | 防災・危機管理

減災コミュニケーションシステム®

携帯通信網を活用した、新たな防災情報伝達システム
地方自治体から住民に向け防災情報を伝達するための告知放送システムです。庁舎内の操作卓や遠隔操作端末から、携帯網やLPWA通信網※などを通じて、地域内に配備した屋外スピーカ装置やスマホ、タブレット、戸別受信機などへ防災情報を配信します。双方向通信により確実な情報伝達が可能です。屋外スピーカー装置は、準天頂衛星みちびきからの災危通報を標準装備。親局からの通信や緊急速報メールが使えない状況下においても緊急情報の一斉同報を継続することが可能です。住民の安心・安全に寄与します。
※LPWA:LowPowerWideArea(IoT時代の新しい通信技術)
官公庁・自治体 | 防災・危機管理

BCP・DRソリューション

限られた経営資源の中での事業継続を強力にサポート
お客様の事業を支えるためのITシステムの復旧・継続性を支援するサービスです。豊富な実績とノウハウに基づく実効的な対策を短期間でご提案。併せて、システムの高速復旧を可能にする低コストのデータ保護・DRソリューションをご提供します。
クラウド | システム基盤設計 | 防災・危機管理

BCP・DRコンサルティング

最短5回で、BCPの策定からDR対策の提案まで支援
当社の独自フレームワークを活用し、経済産業省または総務省のガイドラインにのっとったBCP(事業継続計画)の策定を支援するコンサルティングサービスです。システム基盤領域を中心に、中核事業の影響度分析も重視。最短5回の打ち合わせという短期間で、実効的なBCPや適切なDR(ディザスタリカバリ)対策を提案します。
ERP(統合業務)・経営管理 | クラウド | 防災・危機管理

だいちマップ

日本全国をカバーする精密な画像地図データ
日本全国を対象に、国産衛星ALOS(だいち)から送られる衛星画像をもとに、GIS(地理情報システム)と連動した精密な画像地図データを提供します。画質に応じて複数のメニューを用意、衛星画像の定期的な更新により、特定エリアの最新状況を克明に把握することが可能となります。
GIS・GPS | 防災・危機管理

GISプラットフォーム「GEOPLATS®」

あらゆるニーズに応えるネットワーク型GISプラットフォーム
地形図、地名情報、衛星写真などの地理情報とそれらに付随する建物の名前や構造物の種類等の属性情報、更には統計情報など多彩なコンテンツを表示操作・作図編集・空間検索・空間演算・データ入出力・管理するためのGISミドルウエアエンジンです。
官公庁・自治体 | 建設・不動産 | GIS・GPS | ウェブサービス | 防災・危機管理

健康保険組合システム

健康保険組合の多様な業務を効率化するトータルシステム
適用・徴収・給付・レセプト・経理・健康管理といった、健康保険組合のさまざまな業務をワンパッケージで提供する総合システムです。データの一元管理による業務間のデータ連動が、作業精度の向上と業務の効率化を実現します。システム導入形態は、健保事務所内への設置型とデータセンタ預託型の選択が可能です。
医療・ヘルスケア | データセンター | ライフサイエンス | 防災・危機管理

Green Data Center®ハウジングサービス

事業継続を強力サポートする先進のデータセンター環境
長年にわたり、中央省庁や地方公共団体、金融機関の基幹システムをはじめ、様々な重要システムをお預かりしてきた実績とノウハウをもとに、信頼性の高い設備とセキュリティ環境を提供いたします。
アウトソーシング | データセンター | 防災・危機管理

お客様事例

株式会社NTTフィールドテクノ様

技術者の現在位置から装備やスキルまで、あらゆる情報を地図上に一元化
手配業務を効率化するマルチアサインツールでBPRを積極推進
通信・放送 | 電力・ガス・水道 | ワークフロー | 防災・危機管理

「FairCast®学校連絡網」学校法人麻布学園様

あの3.11で電話連絡網の限界を痛感。今では、保護者との連絡手段として、なくてはならない存在に。
教育 | 防災・危機管理 | ウェブサービス

香川県様

デジタルペンで登録した情報をスマートフォンで共有。救急車と病院のスムーズな連携を実現
官公庁・自治体 | 医療・ヘルスケア | クラウド | 防災・危機管理

レポート&コラム

世界銀行との共創から得たSDGs成功のカギ

SDGs(持続可能な開発目標)の達成にはデジタルテクノロジーが欠かせない。NTTデータもデジタル3D地図サービス「AW3D」の提供によってSDGsの達成に貢献している。ここでは「AW3D」を使った世界銀行の先進的なプロジェクトや、企業がSDGsに取り組むことの意義について解説していく。
防災・危機管理 | GIS・GPS | AI(人工知能) | SDGs | センシング技術 | 防災 | GPS | AI
2021年4月21日

グリッドデータバンク・ラボが拓く電力データ活用の未来

社会課題の解決や新たな価値の創出を目的としたグリッドデータバンク・ラボには95の企業や団体が会員として参画。スマートメーターから収集した電力データと異業種データを掛け合わせて分析することで、新たなビジネスの創出を進めています。
電力・ガス・水道 | 防災・危機管理 | Innovation Conference | データ活用
2020年3月5日

深層強化学習で超高層ビルの地震に備える

2011年3月に発生した東日本大震災。 震源から遠く離れた東京の超高層ビル群でも「長周期地震動」による被害が報告されました。 多様な地震波から、どうすれば人々を守れるか。 発展を遂げ続ける日本の制振技術が、AIの深層強化学習でさらに進化しています。
AI(人工知能) | 防災・危機管理 | 深層強化学習 | 機械学習 | AI | ディープラーニング | 防災
2018年3月9日

防災で活用が広がる世界最高精度の3D地図

NTTデータと一般財団法人リモート・センシング技術センターが行っている全世界デジタル3D地図提供サービス。 衛星画像を活用した世界最高精度の3D地図は防災面での活用の機会が増えています。 開発から携わるNTTデータの筒井健にプロジェクトの概要と、これからの展望を聞きました。
防災・危機管理 | 防災
2017年2月16日