人工知能(AI)に向けて高まる期待

ビジネスに新たな価値を創出し、企業にイノベーションを起こすテクノロジーとしてAIに注目が集まっています。

人手では扱うことが不可能だった膨大なデータ量をAIに学習させ、新たなルールや知識を発見することで、例えば販売業務や商品設計では顧客が潜在的に持っているウォンツのより深い理解や、製造の分野では歩留まりの改善といったニーズに応えられると期待されています。

また過去のデータに基づき将来何が起こるかを予測することで、顧客の需要や行動の変化をつぶさに捉えたり、設備に故障が起こる予兆を検知する――AIはこのような知見も提供できると期待されています。さらには現状人間が行っている業務、例えばコールセンターにおける質問応答、判断業務における審査、音楽や文章などのコンテンツ創作、自動車の運転、生産プロセス改善などをより効率的かつ高精度にするべく、AIによって自律化・自動化したいという思いも高まっています。

ビジネスシーンにおけるAI活用の重要ポイント

どうすれば上記のような期待に応えるAI活用を実践できるでしょうか――。

一口にAIといっても、サービサーが提供する機能はさまざまであり、複数の要素技術から成り立っています。またその実装方法もそれぞれ異なっています。

したがってさまざまなビジネスシーンにAIを適用するためには、複数の技術を融合して有機的に機能させる高度なインテグレーションが必須となります。そこには重要なポイントが2つあります。

AI活用の本質は現実的な成果を出すこと

1つめのポイントは、ビジネス課題の解決(意思決定品質の向上や、自動化による業務効率化)につながっているかどうか、成果がでているかどうかです。「人工知能」という言葉のイメージもあって、つい人間的な“知性”や“賢さ”が感じられることを求めがちですが、ビジネスにおけるAI活用の本質はそこではありません。

何もディープラーニングのような先進的な技術を適用することにこだわらなくても、ルールベースの仕組みを用いたり、あるいは機械学習手法と組み合わせたりすることで課題を解決することができるなら、それは大きな成果となります。

多様な要素技術のブレークダウンと組み立て

2つめのポイントは、解決を目指す課題の明確化および範囲の策定、それを実現する技術のブレークダウンです。

先に挙げたような販売業務や商品設計における顧客のウォンツ理解や生産プロセスの自律化/自動化といったビジネスの目標に対して、ユーザーとシステム間の情報のやり取り、大規模データの分散処理、基幹システムとの連携などを実現するため、AIのみならず多様な要素技術を的確に取捨選択しながらソリューションを組み立てていく必要があります。

ニーズとテクノロジーのギャップを埋めるトータルなインテグレーションを提供

データ収集から蓄積、分析、実行まですべてのプロセスを包括し、一気通貫のビジネスモデルを描くことができる企業こそが、AI活用を主導できると言えるでしょう。

この視点に立ってNTTデータでは、お客様のニーズとテクノロジーで達成できる範囲の間にあるギャップを埋めるためのサービスをトータルで提供しています。

エッジ―クラウドが連携した、トータルなインテグレーションの例

NTTデータでは、多くのプロジェクトを通じて培ってきたアナリストのノウハウを結集した業界テンプレートを強みに、さまざまなテクノロジーを現実解に変えていく仕組みを提供しています。

そしてAIの重点的な適用領域として、「顧客接点領域」「業務高度化領域」「複合高度分析領域(社会基盤領域)」を挙げています。

顧客接点領域は、実際に顧客と対話するコールセンターや窓口業務などフロントオフィスを主な対象とするもので、顧客応対の正確性や顧客満足度の向上を目指しています。また、チャットボットやチャット接客への対応など、チャネルの多様化といった課題を解決します。

業務高度化領域では、審査部門やマーケティング部門などのミドルオフィス、人事・財務・購買などの共通業務を担っているバックオフィスを対象とし、AIによる情報の自動収集、属人化しがちな専門業務の効率化と判断の均一化、RPA(Robotic Process Automation)とAIを組み合わせたオフィス業務自動化など、徹底したコスト低減、競合他社との差別化要素となる付加価値を創出します。

複合高度分析領域(社会基盤領域)では、AIとIoTを連携させたトータルインテグレーションに対応。工場や社会インフラのいたるところに設置された機器やセンサーから膨大なデータを収集し、現場側のコンピューター(エッジコンピューター)とクラウドを協調させてリアルタイムに分析・制御することで、予測や予兆検知、自動化などの高度な処理を実現します。医療や交通など社会サービスにおけるAI活用も進めています。

このように、NTTデータはさまざまな領域の課題解決をAIによって実現していきます。

レポート&コラム

鈴木 賢一郎

AIガバナンスー企業における倫理とマネジメント

近年では、倫理と企業マネジメントは切り離せないものになっている。企業における倫理の確立のために乗り越えるべきポイントは何か。本記事では、3つのGAP―「世代間のGAP」「幹部と現場のGAP」「新技術と社会規範のGAP」―と、その乗り越え方など、AI・データ活用の継続的なガバナンス整備に必要なポイントを解説する。

AI・データ&インテリジェンス ロボティクス・RPA デジタル化・DX

村山 弘城

データ活用におけるトレンド予想2023

企業におけるデータ活用は年々注目度が増しており、ほぼすべての企業の中期経営計画においてデータ活用について触れられている。とはいえ、いきなり大きな投資をするのではなく、小さく始めて成功を重ねたい企業も多い。小さく始め、大きく成長させる、もしくは大きく成長した後に発生する課題に対応するための技術トレンドとして、モダンデータスタック、データファブリック、データメッシュという3つのキーワードを紹介する。

AI・データ&インテリジェンス クラウド デジタル化・DX

DATA INSIGHT 編集部

NTTデータが取り組むデータドリブンな人財育成 People Analyticsによる「資質の見える化」で事業創出人財を見極める~デジタル人財化計画 #4

これまでも重要性は認識されてきた人財の適材適所や、社員一人ひとりにあわせた育成プランの作成。これらを人事担当者の経験や勘により行うのではなく、“データに基づき(データドリブンに)”行っていくサービスを、NTTデータが提供開始している。このサービスはNTTデータが、DX人財のなかでも育成の難しい『事業創出人財』の育成プロセスを、自社のPeople Analytics(人財データの収集、分析による組織課題を解決する手法)の結果を活用して解き明かす取組みを行った経験から生まれたものだ。なぜいまPeople Analyticsなのか、データドリブンになると人財育成はどう変わるのか。サービスの原点となっているNTTデータでのDX人財育成への取り組みに迫る。

AI・データ&インテリジェンス デジタル化・DX

ラインナップ

お客さまのソリューションに合わせた開発とともに、パッケージの提供もしています。

データ仮想化ソリューション「Denodo Platform」

各種データを仮想統合し、ニーズに応じたデータ活用を支援

Denodo Platformは、サイロ化したシステムを論理統合し、企業内に分散したデータの一元管理を可能とします。より鮮度の高いデータ活用で分析スピードを高め、経営判断の俊敏性向上に貢献します。Denodoの仮想ビューはリアルタイムなデータアクセス、社内外のデータとの柔軟な組合せによりデータの価値を見出せます。またローコードで仮想ビューが作成でき迅速なデータカタログの提供・拡張を実現します。

内部統制 情報銀行 AI・データ&インテリジェンス

医療費適正化支援サービス

豊富な実績とノウハウでデータヘルスをサポート

国民健康保険、後期高齢者医療保険、健保組合等の保険者に向けた医療費適正化や健康寿命延伸を支援するフルアウトソーシングサービスです。レセプトデータや特定健診データ等を活用し、保険者が抱える課題を明確化、健康な人向けの健康維持増進や、高リスク者向けの重症化予防対策等を提供します。又、自治体向けの健康増進事業との連携により保険者の枠を超えた市民のQOL向上をサポートします。

医療・ヘルスケア 官公庁・自治体 製薬・ライフサイエンス アウトソーシング AI・データ&インテリジェンス

BeAd顧客管理システム

企業の成長を支える顧客管理ソリューション

BeAd顧客管理システムは、日報情報、案件情報、契約情報等を統合的に管理が可能です。更に問合せ情報、FAQ情報等を顧客単位で一元管理でき、ポータル画面での参照が可能です。また、顧客訪問件数や受注見込額などをグラフや集計表に加工し、ポータルでの共有(見せる化)を実現します。

CRM(Salesforce) クラウド AI・データ&インテリジェンス