利益配分に関する基本方針及び配当金の推移

当社は、新規事業等への投資及び効率的な事業運営等による持続的な成長を通じて、企業価値の中長期的な増大を図るとともに、適正な利益配分を行うことを基本方針としています。
配当については、連結ベースにおける業績動向、財務状況を踏まえ、今後の持続的な成長に向けた事業投資や技術開発、財務体質の維持・強化のための支出及び配当とのバランスを総合的に勘案し、安定的に実施していきたいと考えています。なお、配当金額の決定にあたっては、中長期スパンでの連結キャッシュフロー配当性向の維持を重視します。

  • キャッシュフロー配当性向:
    配当総額/(親会社株主に帰属する当期純利益+減価償却費+固定資産除却損+のれん償却費-設備投資)
(単位:円)
配当金 第25期
(平成25年3月期)
第26期
(平成26年3月期)
第27期
(平成27年3月期)
第28期
(平成28年3月期)
第29期
(平成29年3月期)
第30期
(平成30年3月期)
1株当たり配当金(年間) 6,000 - 60 70 75
(予定)
15
(予定)
中間配当 3,000 3,000 30 30 35 7.5
(予定)
期末配当 3,000 30 30 40 40
(予定)
7.5
(予定)
配当性向
(連結)
38.7% 72.3% 52.4% 31.0% 32.0% 35.7%
  • 第26期(平成26年3月期)期末以降の配当金については、平成25年10月1日を効力発生日として1株につき100株の割合で株式分割を行った影響を考慮しております。
  • 第30期(平成30年3月期)(予想)の配当金については、平成29年7月1日を効力発生日として1株につき5株の割合で株式分割を行う場合の影響を考慮しております。

自己株式の取得

現在のところ、実施しておりません。

株主優待

現在のところ、実施しておりません。