減災コミュニケーションシステム®

携帯通信網を活用した、新たな防災情報伝達システム

商品概要

地方自治体から住民に向け防災情報等を伝達するための告知放送システムです。庁舎内の送信システム(操作卓)から、地域内に配備した屋外スピーカ装置やタブレット端末・携帯電話などへ携帯通信網を通じて防災情報等を配信します。双方向通信なので情報の到達確認や応答情報の収集等も可能。住民の安心・安全に寄与します。

メリット・効果

自営ネットワークの構築、維持が不要

既存のインフラである携帯電話網を活用することにより、自治体独自の送信局・中継局・無線設計がすべて不要となり、短期間でのシステム構築、低コスト化を実現します。

伝達手段の多様化・冗長化に対応

従来の屋外スピーカ、戸別端末に加え、伝達率の高い住民所有の携帯電話・スマートフォン等の端末や、その他受信装置と連携し、一度の操作で多様な伝達手段へ一括して情報を伝達することが可能です。

災害時の確実かつ迅速な情報伝達

回線逼迫時にも輻輳が起こりにくい通信網を利用することで、万一の災害時にも遅延のない確実な情報伝達を実現します。

特長

  • エリアメール対応携帯通信モジュールの組み込みによるエリアメール受信に連動した屋外拡声放送
  • J-ALERTシステムからの受信情報に自動連動した緊急速報メール(docomo、au、Softbank)配信
  • 双方向通信により、庁舎から装置の動作状態や伝達状況の遠隔監視が可能
  • 配信した音声・文字情報を繰り返し確認可能な、専用アプリケーションを搭載したタブレット端末

その他、ご要望に応じ、各種システムとの連携が可能です。

お気軽に
お問い合わせ
ください

減災コミュニケーションシステム®に関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

減災コミュニケーションシステム®に関連する情報

業種

電子政府の実現に寄与、 地域密着の社会情報システムを構築・運用

サービス

災害からお客様の企業活動を守る、防災・危機管理ソリューションのご提供