グローバル経営管理ソリューション

グローバル/グループ経営の高度化をサポート

商品概要

グローバルに事業展開する日系企業に向けて、経営判断に関わるさまざまな課題の解決を支援するソリューションです。グローバル経営情報基盤に集約された経営情報を連結ベースで見える化することで、グローバルレベルでの意思決定スピードの向上、経営資源の最適配置、業務ルールとプロセスの統一などの実現に貢献します。

用途・適用業務

  • グローバルで実施するグループ経営管理(連結多軸PL管理)の実現

    製品や仕向国、生産拠点といった観点から収益性/原価性をより多角的により詳細にマネジメントする。

  • 子会社による財務関連報告(連結決算、経営管理)の効率化

メリット・効果

  • グローバル連結で作成する多軸PL(事業別、地域別、製品別等)により、収益性/原価性をより多角的に、より詳細に把握し活用することが可能となります。
  • グループ子会社からの報告業務(連結決算、経営管理)の効率化(自動化)を行うことが可能となります。

活用例

  • 事業収益拡大のための集中と選択(注力製品/市場の意思決定)
  • 最適生産拠点把握による更なるコスト低減
  • グループ限界利益把握による価格競争力のあるプライシング設定
  • 原価/為替変動シミュレーションによる早期着地把握
  • 子会社報告負荷削減による決算早期化(○○営業日)

特長

多くのプロジェクト実績

グローバル製造業/流通業等、各業界企業様への多くのプロジェクト実績に基づく経営管理ノウハウを活用した実現性の高いコンサルティング~課題解決ソリューション提供を実施します。

  • グループ各社の仕訳明細情報を集約し財務会計/経営管理の両目的で活用するため、グループ連結経営管理のための多軸連結PLの作成と財務連結報告の効率化/連結決算早期化を同時に実現します。
  • グループ各社のBOMを収集し、グローバルコードに変換後、連結BOMを自動生成、連結ベースの限界利益を見える化し、新たな経営判断を可能とします。
  • 日系企業約700社に連結会計システムの導入実績をもとにした連結会計ノウハウを有するディーバとの連携により連結会計業務領域に関する専門性の高いノウハウを活用します。
  • ERPが統一されていない場合でも標準実装されているETLによりインタフェースを効率的に行うことにより、お客様にて活用されているERP(基幹システム)に依存せず活用を頂くことが可能です。(SAP、Biz∫は標準インタフェースを実装済み)

リンク

グローバル経営管理ソリューションに関する詳細情報

お気軽に
お問い合わせ
ください

グローバル経営管理ソリューションに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム

グローバル経営管理ソリューションに関連する情報

サービス

時代の変化やニーズに即した先進のERPソリューションをご提供

詳細な分析で意思決定を迅速化、お客様のビジネスに変革をもたらす

コンサルティングサービスや最新の財務会計パッケージを通して、お客様のIFRS対応を全面的に支援