2004年ニュースリリース

2004年7月16日「患者の主体性と医療への満足度についての調査」結果について〜 患者が主体的に行動できる環境・サポートが、医療への満足につながる 〜

株式会社NTTデータ
(システム科学研究所)

 (株)NTTデータ システム科学研究所では、個人を中心にヘルスケア・サービスを捉える「パーソナル・ヘルスケア」に関する研究の一環として、「患者の主体性と医療への満足度に関する調査」を行いました。
 この調査は、医療分野で重要なキーワードとなる「患者の主体性」の現状、主体性と医療への満足度の関係や、患者が医療をどのような観点で評価しているかを把握するために、今年1月に実施したものです。調査対象は、3大都市圏の市域及び人口30万人以上の都市に住む20歳以上70歳未満の男女で、平成13年1月1日以降に入院または6ヶ月以上の通院を経験した方です。有効回答は1,270サンプルでした。

【主な調査結果】

  • 複数の選択肢から自分自身で治療法を選択したい人は4割
    • 比較的重い病の治療法を決める際、「専門家である医師の決めた治療方法について十分な説明を聞き、納得した上で治療を受けたい」とする「説明・納得タイプ」の人が54.9%で最も多く、「治療について、十分に説明を聞き、複数の選択肢を提示してもらった上で、自分自身が治療方法を選択したい」とする「自己決定タイプ」の人は40.7%で、両者で95%を超える

      【グラフ】比較的重い病気の治療方針の決定に際して、あなたは告ぎのうちどれに近いですか?


  • 担当医が「医師・患者パートナータイプ」の場合、患者の医療への満足度が高い
    • 治療法を決定する際の担当医の姿勢としては、医師が治療法を決定し、患者に説明し同意を得る「医師主導・説明同意ありタイプ」が52.8%で最も多く、医師が複数の治療法を説明し、患者と相談しながら治療法を決定する「医師・患者パートナータイプ」が32.9%、医師が患者にとって最良だと考える治療法を、説明や同意を経ずに決定する「医師主導・説明同意なしタイプ」が9.7%となっている。

    • これら担当医のタイプと、患者の医療への満足度の関係を調べたところ、「医師・患者パートナータイプ」で「満足」(「満足した」「ある程度満足した」の計、以下同様)が92.1%であり、他のタイプと比較して高い(対象者全体では85.9%)

      【グラフ】あなたの担当医は、どのタイプに近いですか?

      【グラフ】患者の医療への満足度(医師のタイプ別)

  • 医師と積極的なコミュニケーションを行う人の、医療への満足度が高い
    • 初診時に、医師に対して自分の病状や体質などを「説明できた」人(「適切に説明できた」「ある程度適切に説明できた」の計)は86.4%である。「説明できた」人の医療への「満足」は87.9%で、「説明できなかった」人(「適切に説明できなかった」「あまり適切に説明できなかった」の計)の73.7%と比較して高い

    • 医師から診察結果や治療方針について説明を受けた際に、「自分の言葉で確認した」もしくは「不明瞭な点を質問した」人は83.4%である。「自分の言葉で確認した」もしくは「不明瞭な点を質問した」人の医療への「満足」は88.3%と、「確認・質問などは行わなかった」人の「満足」(73.3%)と比較して高い


【その他の調査結果】

  • 医療機関を選ぶとき、何らかの情報を利用した人は8割。情報を利用した人の満足度は高い
    • 最終的に入院・通院した医療機関の選択に際し、何らかの情報を利用した人は80.9%。情報を利用した人の「満足」は88.4%と、情報を利用していない人(76.4%)の「満足」と比較して12ポイント高い
    • 情報源としては「かかりつけ医」が52.4%と一番多く、次いで「友人・知人」(27.2%)「家族」(26.1%)など身近な人が続く。また、「インターネット」を挙げた人が5.3%と、「医療に関する書籍・専門誌」(3.9%)や「新聞や一般雑誌」(2.6%)等の他メディアを上回っている(複数回答)

  • 医療機関を選ぶときに重視した情報は「医療機関の得意とする手術や治療、分野」と
    「病院を利用した人の声・評価」。不足している情報は「医師や医療機関の治療実績」

    • 医療機関を選択する際に最も重視した情報は、「医療機関の得意とする手術や治療、分野」(21.6%)、次いで「病院を利用した人の声・評価」(15.8%)が高い

    • 不足していた情報としては、「各医師の治療実績」(21.1%)、「医療機関の治療実績」(18.0%)、「医療機関の得意とする手術や治療、分野」(17.7%)、主な疾病にかかる自己負担額(17.2%)が上位に挙げられた(複数回答)

  • 医療機関を選ぶとき、複数の医療機関を比較検討した人は3割弱
    • 医療機関を選択する際に、複数の医療機関を比較検討した人は26.9%、比較した医療機関がない人は72.3%

    • 比較検討しなかった理由としては「かかりつけの医院から紹介された」が最も多く29.0%、「別の疾病等で通院・入院していたから」が18.2%、「家族・友人・知人から勧められたから」が14.3%と続いている

  • 医療機関を選ぶとき、身近な人からサポートを受けた人は、通院で3割・入院で7割
    • 医療機関を選択する際の情報収集などを「すべて自分で行った」人は通院では71.5%と高いが、入院では31.3%であり、「家族や知人のサポートを受けたが決定などは自分が主導で行った」人が55.0%と過半数を超える

    • 主にサポートを受ける人としては男女とも「配偶者」が過半数を超えているが、男性では「配偶者」が80.5%と女性の58.6%より高く、男性の配偶者への依存度が高い

  • 医療への満足度に影響をあたえる、医療のサービス要素は6つ。
    中でも「医師の技術・態度」と共に「医師の説明・コミュニケーション力」の影響が大きい

    • 患者の医療へ評価は、主に以下の6つ要素により行われることがわかった
      (1) 医師の技術・態度
      (2) 医師の説明・コミュニケーション力
      (3) 看護師の技術・姿勢
      (4) 院内の環境
      (5) 窓口業務
      (6) (入院者のみ)入院生活
      (7) (通院者のみ)通院の利便性
      (※因子分析により抽出)

    • 6つの要素のうち、医療への満足度に対する影響力が大きいのは、入院・通院ともに「医師の技術・態度」、次いで「医師の説明・コミュニケーション力」であった。影響力が弱いのは、入院では、「窓口業務」「看護師の技術・姿勢」、通院では「通院の利便性」「看護師の技術・態度」である
      (※6つの因子を説明変数、医療への満足度を目的変数とした重回帰分析による)

      【グラフ】医療へ満足への影響度


  • 医師からの説明を「十分であった」と感じた人は、満足度が顕著に高い

    • 診察結果や治療方針に関する医師からの説明を「十分であった」と感じた人は31.7%、「ある程度十分であった」人が48.6%と、合わせて8割の人が医師からの説明を「十分であった」と感じている

    • 医師からの説明が「十分であった」と感じた人の医療への「満足」は96.5%と、「十分でなかった」と感じた人(24.3%)と比較して高い

【 調査の概要 】
(1) 調査地域: 3大都市圏(東京圏・大阪圏・名古屋圏)の市域及び人口30万人以上の都市
(2) 調査対象:上記地点に居住する20歳〜69歳の男女で平成13年1月1日以降に
   ・病気やケガなど(出産を除く)で入院経験のある人
   ・病気やケガなど(出産を除く)で、6ヶ月以上の通院経験のある人
(3) 抽出方法:調査会社モニタ13,000世帯(無作為抽出)を対象にハガキでスクリーニングし、
   調査対象者1,400名を抽出
(4) 調査方法:郵送自記入法
(5) 調査期間:平成16年1月14日〜1月26日
(6) 調査数:1,400配布、1,270回収(回収率90.7%)


調査結果の詳細は、システム科学研究所のホームページ(http://www.riss-net.jp/)でも公表する予定です。
本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
技術開発本部システム科学研究所 担当: 尾崎 春日
〒104-0033
東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー
TEL:03-3523-8052
FAX:03-3523-6227
E-mail:phc@riss-net.jp
URL:http://www.riss-net.jp/phc/

ニュースリリースについて
ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。