2005年ニュースリリース

2005年7月19日NTTデータとCapgeminiとのグローバル分野での提携および
日本キャップジェミニ株式会社の株式取得について 

株式会社NTTデータ
Cap Gemini S.A.

 (株)NTTデータ(代表取締役社長:浜口 友一、本社:東京都江東区、以下、NTTデータ)とCap Gemini S.A.(CEO:Pual Hermelin、本社フランス パリ、以下、Capgemini)は、両社の間でグローバル分野での提携、ならびに、Capgeminiの日本法人である日本キャップジェミニ株式会社(代表取締役会長:印藤 公洋、本社:東京都港区、以下、日本キャップジェミニ)の発行済み株式の95%をNTTデータが譲り受けることで平成17年7月14日合意しました。
 今回の提携によって、NTTデータおよびCapgeminiは、日本およびアメリカ、ヨーロッパ市場において、お互いを優先的なパートナーとして連携します。また日本キャップジェミニはNTTデータの子会社として、新たな社名で営業を継続することになります。

 NTTデータは、ヨーロッパ最大のIT企業で世界各国で事業展開しているCapgeminiとの提携により、東欧を含めたヨーロッパならびに北米を幅広くカバーし、日系グローバル企業向けのサービスをこれまで以上に強化できます。また、NTTデータは、日本キャップジェミニを子会社化することで、同社の持つコンサルティング人材、ノウハウとNTTデータのシステムインテグレーション能力を組み合わせ、顧客企業に対し、ITに関する戦略的コンサルティングからシステム開発、保守、運用までのサービスを一貫して提供することが強化されます。
 Capgeminiにとっても、日本キャップジェミニのコンサルティングの能力に、NTTデータのシステムインテグレーション能力を組み合わせることで、Capgeminiの顧客である多くのグローバル企業に対して、日本市場における非常に広範なサポートを提供することが可能となります。 
 その結果、両社はそれぞれの強みを活かして、各社の顧客に対して、今まで以上に優れたサービスを提供していくことが可能になると考えています。
 両社は、それぞれの経営幹部による評議会(Alliance Council)と実務者レベルによる運営検討委員会(Operational Review Committee)を設置し、グローバル分野での提携を推進していきます。また、新体制となる日本キャップジェミニに対しても、NTTデータおよびCapgeminiから役員を派遣します。なお、従来、日本キャップジェミニが顧客に提供していた契約およびサービスには影響はありません。

 日本キャップジェミニの株式の譲渡については2005年第3四半期中の手続き完了を予定しています。

 本件に関して、両社のCEOのコメントは以下の通りです。

 「わたしたちのITサービス分野においては、近年、グローバルなサポート、また上流から下流までの一貫したサービス提供ということを、お客様からたいへん強く求められています。その意味において、今回のパートナーシップは、CapgeminiならびにNTTデータ双方のお客様にとって、たいへんに大きな価値があると考えています。」(浜口 友一、NTTデータ 代表取締役社長)

 「今回のNTTデータとの提携により、わたしたちCapgeminiのグルーバルなクライアントの日本での活動に、より強力で優れたサービスを提供できることになりました。また、NTTデータのグローバルな顧客のアメリカおよびヨーロッパでのサービスを支援することで、Capgemini自身も成長の機会をうることができると考えております。今後両社の強み、保有技術を併せることで、グローバルレベルで、新たな事業機会を生み出せると確信しています。」(Paul Hermelin, CEO Capgemini)

※文中に記載されている会社名、製品名およびサービス名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。


別紙:各社の概要
本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報室 広報担当
TEL:03-5546-8051

Capgemini S.A.
Head Office
+33 (0)1 47 54 50 00

日本キャップジェミニ株式会社
TEL:03-4560-2200

ニュースリリースについて
ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。