2006年ニュースリリース

2006年4月12日NTTデータナレッジのMBOについて

株式会社NTTデータ
株式会社NTTデータナレッジ

 株式会社NTTデータ(代表取締役社長:浜口 友一、本社:東京都江東区、以下NTTデータ)は、株式会社NTTデータナレッジ(代表取締役社長:西 高弘、本社:東京都千代田区、以下NTTデータナレッジ)よりMBO(経営陣による企業買収)の要請を受け、本日、新しい体制を構築することに合意いたしました。

 NTTデータナレッジは、これまでナレッジマネジメント領域におけるパッケージソフト販売および関連するシステムインテグレーション事業を展開し、500社を超える企業にソリューションを導入してきました。
 今回のMBOを機会に、ソリューションベンダーとしての中立性・独立性を一層強めるとともに、経営陣のオーナーシップのもとでベンチャー企業としての機動力を発揮し、ナレッジマネジメントへのニーズの変化と高まりに対応していきます。
 具体的には、新たに知識経営をキーワードとした各種アプリケーションソフトの開発・販売とナレッジマネジメント関連コンサルティングに取り組み、新たな事業領域を拡大してゆくことにより、ナレッジマネジメントの活用シーンを拡大し、知的生産性の向上に寄与することを目指します。
 NTTデータは、新体制後も資本の19.5%を保有し、引き続きビジネス上の関係を維持することにより、法人分野を中心としたNTTデータグループ内におけるナレッジマネジメントソリューションサービスの更なる成長と拡充を目指します。

【NTTデータの新規ビジネス創造の取り組み】
 NTTデータは、平成8年度よりベンチャー制度を創設し、創造的なアイデアの実現、事業環境の変化への即応、起業家精神の醸成、および社員の意欲向上を目的にこれまで9社のベンチャー会社を設立してきました。
 NTTデータナレッジは、平成8年度に社内ベンチャーとしてスタートし成功基準を達成した結果、平成13年3月にNTTデータ初のベンチャー会社として発足し、今日までナレッジマネジメントの普及・啓発、具体的ソリューションの提供に努めてきました。
 NTTデータでは、現在、中期経営計画における「積極的な新商品・サービスの創造」の一環として、広く社員からアイデアを集め新規ビジネスの創造を促進していく取り組みを推進しており、今後とも活力ある新規事業の創造を推進していきます。

(参考)

【新体制の概要(予定)】
(1) 商号 未定
(2) 新体制発足 平成18年5月(予定)
(3) 所在地 東京都千代田区一番町10-8 一番町ウェストビル4F
(4) 代表者 西 高弘(代表取締役社長 最高経営責任者)
木暮 明大(代表取締役副社長 最高執行責任者)
(5) 資本金 3.57億円
(6) 株主構成 経営陣等 33.4%
機関投資家(4社) 47.1%
株式会社NTTデータ 19.5%
(7) 主な事業の内容 業務パッケージソフトウエア事業
業務コンサルティング事業
システムインテグレーション事業

【株式会社NTTデータナレッジの概要(MBO前)】
(1) 商号 株式会社NTTデータナレッジ
(2) 設立 平成13年3月1日
(3) 代表者 西 高弘(代表取締役社長)
(4) 資本金 1.6億円
(5) 主要株主 NTTデータ 95.0%
西 高弘 5.0%


* 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報室 広報担当
TEL:03-5546-8051

株式会社NTTデータナレッジ
木暮
TEL:03-3556-3611

ニュースリリースについて
ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。