2007年ニュースリリース

2007年6月12日「平成19年度データ解析コンペティション」を開催決定〜自動車オークションデータを元に、分析の視点や結果を競い合う〜

日本オペレーションズ・リサーチ学会
日本マーケティング・サイエンス学会
日本データベース学会
早稲田大学マーケティング・コミュニケーション研究所
株式会社産業科学研究開発センター
株式会社NTTデータ

 株式会社NTTデータは、経営科学系研究部会連合協議会注1と共催でシステム・ロケーション株式会社(代表取締役 社長 千村 岳彦、所在地:東京都千代田区)の協賛のもと「平成19年度データ解析コンペティション」(通算第14年目)を開催します。今回は、自動車オークション・データ(出品落札データなど)を対象として独自の視点で目的設定から実際のデータ分析までを行い、データ解析技術の新規性や、研究・ビジネスの観点での有効性を競います。
 データ解析の学術的探求を目指している方、ビジネスへの適用に興味のある方の参加をお待ちしております。
 (注 提供するデータはあくまでもコンペティション用のものであり、それ以外の目的での利用はできません。)

【コンペティションの概要】

 データ解析コンペティションは、産官学の連携のもと、データ分析技術の研鑽および新しい知見の発見を目的として、平成6年から年1回開催されており、今回で14回目を迎えます。これまでは、POSデータ、電力消費データ、銀行取引データ、WEBアクセスログデータなど、企業から提供を受けた実データを利用しています。
 本コンペティションの参加者は人工データではなく、実際に企業から提供されたデータを用いて分析を行う機会を得て、他者と分析技術を競い合うことで、自身の技術研鑽を行うことができます。(共催学会への学会員でなくても、コンペティションへの参加は可能です。注2
 また、データを提供した企業にとっても、コンペティションの分析結果がフィードバックされるため、その結果を元にした経営戦略策定などに役立てることができます。

 本年のコンペティション開催に先立ち、以下の日程に於いて発会式を行います。
(日時)平成19年6月18日(月) 16:30開始(受付開始は16:00から)
(場所)豊洲センタービル 10F セミナールーム (東京都江東区豊洲3-3-3)

 発会式では、参加要領の詳細について説明しますので、コンペティションに参加希望の方はぜひ参加ください。注3

【コンペティションのスケジュール(予定)】

平成19年6月中旬〜7月上旬 参加申し込み受付、書類審査
  7月中旬〜下旬 参加者にデータを貸与
各学会の研究部会等にて、予選として報告会を実施、
予選通過チームを決定
  10月〜12月 中間報告会
平成20年1月〜3月 最終報告会
  3月 成果報告会を実施(優秀チームを選出・表彰)

【表彰について】

 コンペティションの結果については、成果報告会を実施し、優秀チームを選出して表彰します。また、日本オペレーションズ・リサーチ学会は本コンペティション活動を事例研究賞の一部門として採用しており、この賞に対し、ふさわしい成果を出したチームを候補として推薦します。

注1:経営科学系研究部会連合協議会は、経営科学系の学会・研究所・企業から構成されており、経営科学の学術的な発展、実際のビジネスへの浸透を目指して活動しています。協議会は、以下の組織から構成されています。
 日本オペレーションズ・リサーチ学会マーケティング・インテリジェンス研究部会
 日本マーケティング・サイエンス学会ID付POSデータ活用研究部会
 日本マーケティング・サイエンス学会市場予測のための消費者行動分析研究部会
 日本データベース学会ビジネスインテリジェンス研究グループ
 早稲田大学マーケティング・コミュニケーション研究所CRM研究会
 株式会社産業科学研究開発センター
 株式会社NTTデータ技術開発本部

注2:同業他社およびそれに付随するシステム開発会社、調査会社、コンサルティング会社にお勤めの方はエントリをご遠慮いただく場合があります。

注3: 発会式への出席は、本コンペティション参加の必須条件ではありません。

本件に関するお問い合わせ先
報道関係のお問い合わせ
株式会社NTTデータ
広報室 龍(りゅう)
TEL:03-5546-8051
データ解析コンペティションに関するお問い合わせ
株式会社NTTデータ
技術開発本部
ビジネスインテリジェンス推進センタ
中川、野村、矢野
TEL:050-5546-2297
ニュースリリースについて
ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。