2007年ニュースリリース

2007年11月29日NTTデータのシステム開発の技術、ノウハウを公開〜エンタープライズ市場におけるOSSの活用を積極的に推進〜

株式会社NTTデータ

 (株)NTTデータ(代表取締役社長:山下 徹、以下NTTデータ)は、2007年11月30日より、弊社のシステム開発のノウハウを結集したソリューション「TERASOLUNA®(テラソルナ)」のうち、Javaや.NETに対応したアプリケーション開発基盤である「TERASOLUNAフレームワーク」をOSS(オープンソースソフトウェア)化し、システム開発の手順書である「TERASOLUNA開発プロセス」の概要を公開します。
 これにより、NTTデータが長年培ってきた開発ノウハウと高品質な機能が無償で利用できるようになるだけでなく、特定ベンダに依存しない情報システムを柔軟に構築することが可能となります。

【公開の背景】

 近年、先進的な企業では、IT基盤に対するニーズが個別システムにおける品質・生産性の向上といった「部分最適」から、システム全体における品質・生産性の向上といった「全体最適」へと変化しています。企業全体でシステムの品質や生産性を向上させるためには、アプリケーション開発基盤の統一や開発プロセスの整備が必要ですが、さまざまな技術やノウハウの蓄積が必須となることから、ほとんどの企業では実現できていません。
 また、アプリケーション開発基盤や開発プロセスの多くは、各ベンダが自社の生産性向上のために開発しており、非公開であることが一般的でした。そのため、企業としては保守や次期開発などを特定ベンダに依存せざるを得ない場合が多く、企業自身が開発基盤や開発プロセスを自由に利用してシステム開発するのは難しいのが現状です。

【公開の効果と目的】

 このたび、NTTデータのアプリケーション開発基盤である「TERASOLUNAフレームワーク」とシステム開発の手順書である「TERASOLUNA開発プロセス」の概要を公開します。その結果、特定ベンダに依存することなく、NTTデータが長年システム開発で蓄積した技術やノウハウを無償で利用することが可能となり、社内システム全体の品質や生産性の向上が期待できます。
 また、開発者にとっては、「TERASOLUNAフレームワーク」が提供している共通的機能を利用することで、業務処理部分の開発に注力できるようになり、システム開発を効率的に行うことが可能になります。さらに、「TERASOLUNA開発プロセス」の概要を利用・参照することで、NTTデータのノウハウを取り入れた高品質なシステムの開発が実現できます。

 NTTデータは、TERASOLUNAフレームワークをOSS化し普及展開することによって、エンタープライズ市場におけるOSSの活用を積極的に推進します。それにより、企業システムの品質・生産性の向上に貢献するとともに、オープンソース開発と公開を通じて、OSSコミュニティの活性化にも貢献します。
 また、今回の公開によってTERASOLUNAの認知度が向上するとともに、エンタープライズ市場におけるTERASOLUNAの利用が拡大し、業界での標準となることを目指しています。企業のアプリケーション開発基盤にTERASOLUNAを採用する企業が拡大することで、TERASOLUNAに関連したSIビジネスとサポートビジネスの機会拡大につながることを期待しています。

【TERASOLUNAについて】

 TERASOLUNAは、「フレームワーク」、「開発プロセス」、「プロジェクト管理」などの技術やノウハウを組合せ、システム開発を包括的にサポートするソリューションです。
 「TERASOLUNAフレームワーク」は開発者がシステムを開発する際の基盤となるもので、ソースコードやマニュアルなどから構成されています。「TERASOLUNA開発プロセス」は、NTTデータのシステム開発で培ってきたノウハウを盛り込んだシステム開発の手順書です。今回公開するのは、その概要にあたるWBS(Work Breakdown Structureの略で、作業項目の階層構造を意味します)になります。「TERASOLUNAプロジェクト管理」は、システム開発のプロジェクト管理に関する手順書です(公開対象外)。
 TERASOLUNAには、StrutsやSpring Frameworkのような実績あるオープンソースライブラリやコンポーネントが適用されており、NTTデータが数多くの大規模システム開発で培った開発ノウハウや技術が結集されています。
 エンタープライズ市場では、高品質・高性能が要求される金融機関の基幹系システムや多くの国民が利用する官公庁の電子申請システムなど250を超えるシステム開発への導入実績があります。
注 TERASOLUNAについての詳細は、別紙をご覧下さい。

【公開対象について】

 2007年11月から2008年度までに、「TERASOLUNAフレームワーク」、「TERASOLUNA開発プロセス」の概要を、順次公開します。「TERASOLUNAフレームワーク」のソースコードは、オープンソースライセンスである、Apache License 2.0にて公開します(Java、AJAXに限り)。また、TERASOLUNAフレームワークは、「SourceForge.jp」( http://terasoluna.sourceforge.jp/外部サイトを別ウインドウで開きます )からダウンロードできます(11月30日より公開開始)。
注 別紙の公開対象一覧をご覧下さい。

【今後の展開】

 NTTデータは、2007年10月1日に研究開発組織の再編を行い、システムインテグレーションの改革に向けた推進体制の強化をしました。この施策の一環として、「TERASOLUNA」の開発・普及展開の活動を強化し、開発プロジェクトへのさらなる適用を進めていきます。

注 「TERASOLUNA®」「マスカットTM」は、(株)NTTデータの商標または登録商標です。
注 「Windows」、「.NET Framework」、「ASP.NET」は、米国 Microsoft Corporationの商標または登録商標です。
注 「Java」およびその他のJavaを含む商標は、米国 Sun Microsystems,Inc.の商標であり、同社のJavaブランドの技術を使用した製品を指します。
その他、文中に記載されている商品・サービス名、および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先
報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部 龍
TEL:03-5546-8051

その他のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
技術開発本部ソフトウェア工学推進センタ
渡邊・塩谷
TEL:050-5546-2482

ニュースリリースについて
ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。