2009年ニュースリリース

2009年7月 3日鳥取銀行がNTTデータ地銀共同センターに参加を決定

株式会社NTTデータ

 株式会社NTTデータ(代表取締役社長:山下 徹、本社:東京都江東区)が構築・運営するNTTデータ地銀共同センター(以下、地銀共同センター)に、このたび、株式会社鳥取銀行(取締役頭取:稲垣 滋、本店:鳥取県鳥取市)が参加することが決定しました。

 同行の地銀共同センターへの参加は、地銀共同センターの特徴である拡張性・柔軟性の高いシステムによる「お客様へのサービス向上」が可能になると評価されたことに加え、災対センター等による「システムの安全性確保」や共同化によるシステムコストを抑えることで「経営の効率化」が図れることをねらいとし、決定されたものです。

 鳥取銀行の参加によって、地銀共同センターは名実ともに国内最大規模の共同センターとして、その位置付けを確固たるものとします。また、地銀共同センターで使用しているNTTデータの先進バンキングアプリケーションBeSTA®(ベスタ)注1の採用を決定している地方銀行は、利用予定銀行も含めると、24銀行へと拡大いたします。

 地銀共同センターは、参加銀行の英知を結集した先進システム機能の追加を継続的に実施していくとともに、勘定系システム業務を中心とした現在の提供業務の枠にとらわれず、インターネットバンキング業務機能の拡張、情報系統合データベースの構築および顧客情報の一元保有化、これを踏まえた融資統合管理システムやその他営業支援・経営管理系サブシステム群との連携・融合など、共同化システム範囲のますますの拡大・拡充を実現してまいります。

 今後も、参加銀行の経営戦略実現に寄与する新たな共同化機能を積極的に企画・提供することで、地銀共同センターの更なる付加価値増大に努め、地方銀行システムにおけるデファクトスタンダードとしての確固たる地位確立を目指します。

【NTTデータ地銀共同センターの参加銀行(銀行コード順、敬称略)】

 NTTデータ地銀共同センターでは、以下の14銀行が参加しています。
 (2009年7月3日現在)

株式会社 青森銀行 (2009年5月 サービス開始済)
株式会社 秋田銀行  
株式会社 荘内銀行 (2006年5月 サービス開始済)
株式会社 岩手銀行 (2005年1月 サービス開始済)
株式会社 足利銀行  
株式会社 千葉興業銀行 (2004年10月 サービス開始済)
株式会社 北越銀行 (2009年5月 サービス開始済)
株式会社 福井銀行 (2009年1月 サービス開始済)
株式会社 京都銀行 (2004年1月 サービス開始済)
株式会社 池田銀行注2 (2005年1月 サービス開始済)
株式会社 鳥取銀行  
株式会社 四国銀行  
株式会社 西日本シティ銀行  
株式会社 愛知銀行 (2007年1月 サービス開始済)

注1 BeSTAは、株式会社NTTデータの登録商標です。
BeSTA(Banking application engine for STandard Architecture:ベスタ)は、ベンダを特定しないNTTデータの先進バンキングアプリケーションです。

注2 株式会社池田銀行は、今後予定している株式会社泉州銀行との経営統合及び合併に伴い、新銀行の基幹システムを地銀共同センターへ一本化されます。

本件に関するお問い合わせ先
報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部 杉山
TEL:03-5546-8051


サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
パブリック&フィナンシャルカンパニー
第二金融事業本部
第一リージョナルバンキング事業部
鈴木・三谷・今井・高橋
TEL:03-5546-8933

ニュースリリースについて
ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。