2011年5月27日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、クラウドサービス「BizXaaS®(ビズエクサース)プラットフォームサービスSaaSサービス」のオフィス向けのクラウドサービス「BizXaaS Office」を2011年5月30日より提供開始します。

「BizXaaS Office」は、社員のパソコンの環境をクラウドで提供する、デスクトップサービス(DaaS: Desktop as a Service)と、Microsoft製品を利用したファイルサーバーサービス、メールサービス、文書管理サービスを提供します。

企業の節電協力が求められる中、本サービスの利用により、サーバーの自社保有が不要となることや、シンクライアント活用による在宅勤務を推進することができることなどで、オフィスの省電力化に貢献します。

なおNTTデータ社内でも、電力総量規制対策に伴うテレワーク推進ソリューションとして、デスクトップサービスについて5月2日より試行運用を開始しています。

今後、「BizXaaS Office」は、東日本-西日本間でのDR(ディザスタリカバリ:災害時のデータ復旧)の提供や、中国などのアジアをはじめグローバルでのサービス展開を視野に入れて、サービスのさらなる拡充に取り組みます。

概要

昨今、Windows XPの販売終了やPCリプレイスのタイミングで、セキュリティ強化やTCO削減を目的として、導入を検討されることの多いシンクライアントですが、最近では、災害時のBCP(事業継続計画)や在宅勤務、パンデミック対策など、幅広い用途・目的で導入が検討されるようになりました。ただ、導入コストがネックとなり検討を見合わせるケースも多く、初期費用を抑えるためシンクライアントシステムをクラウド利用するDaaS(Desktop as a Service)へのニーズが高まりつつあります。また、メールサーバーの更改やファイルサーバーの更改のタイミングで、メールシステムやファイルサーバーもクラウドで利用したいというニーズも見受けられます。

NTTデータはこれまで「BizXaaSプラットフォームサービス」のアプリケーションサービス(SaaS)として、各種フロントオフィス、バックオフィス系のアプリケーションを提供してきました。オフィスコミュニケーションサービスについては、メール、ポータル、グループウェアサービスを提供してきましたが、今回、シンクライアントと親和性の高いMicrosoft製品を利用したオフィスコミュニケーションサービスが新たにメニューに加わります。また、各種アプリケーションサービスをユーザが利用するためのデスクトップ環境サービス(DaaS)の提供を開始します。

これにより、クラウド上で提供するサービスだけでなく、お客様の利用環境まで含めた幅広いサービスのご提供が可能となります。また、従来と同じく、お客様のオフィス業務のあらゆる課題に対して、最適な導入提案、検証や運用のサポートサービスまでワンストップで提供を行います。

BizXaaS Ofiiceのサービス内容

1.デスクトップサービス(DaaS)について

本サービスでは、仮想PC型とサーバー共有型のシンクライアント環境へ、Citrix ICAまたはMicrosoft RDPで接続する環境を用意し、お客様の要件に応じて提供します。また、現在提供されているDaaSとしては、シンクライアントシステムのサーバー環境のみをクラウド上で提供する形態をよく見受けますが、シンクライアント環境に接続する端末まで含めて提供できるのが本サービスの特徴となります。提供するシンクライアント端末は、BOX型シンクライアント、ノート型シンクライアントなどを用意し、現在は、日本HP社、ワイズテクノロジー社の端末を採用。今後さらに拡大予定です。さらに、本サービスで提供するシンクライアントシステムは、iPadなどのタブレットPC(スレートPC)やスマートフォンなどのあらゆるデバイスから接続可能です。お客様は、シンクライアント導入の障壁である初期導入コストをより一層、抑えることができ、運用要員や自社資産を持つ必要がありません。

2.Microsoft製品を利用したオフィスコミュニケーションサービスの追加について

これまでご提供してきたメール、ポータル、グループウェアサービスのほかに、デスクトップサービスとの親和性の高いMicrosoft製品を利用したファイルサーバー、Exchangeサーバーを利用したメールやグループウエア、SharePointサーバーを利用したワークフロー、文書管理、ポータルサイトを利用したオフィスコミュニケーションサービスを追加・拡充します。お客様は、既存システムとの連携やデータの移行も、安心してお任せいただけます。あらゆるご要件にも柔軟に対応した、クラウドサービスを提供します。(別紙参照

お客様メリット

電力総量規制対策への対応

東日本大震災に端を発した電力需給状況の悪化に伴い、予測不能な大規模停電の発生を防ぐため、プロジェクトや職場での節電協力が求められています。本サービスの導入により、クライアント環境をクラウド上に集約し、PCをシンクライアント端末に置き換えることで、オフィスの省電力化につながります。また、社内のファイルサーバー、メールサーバーもクラウド上に集約・統合することで、さらに省電力化が図れます。利用場所、接続デバイスに関係なく、いつでもどこでも自分のオフィス環境が利用できるため、利便性・生産性の向上が図れ、会議室、外出先、自宅でのテレワーク、ブランチオフィスからもメールの閲覧、社内ファイルサーバーへのアクセスが可能です。

運用コストの削減

端末、サーバー、オフィスコミュニケーションシステム、サーバー運用まで安価なサービスとして提供しますのでお客様のオフィス業務に関わる運用コストを大幅に軽減します。

セキュリティの強化

PCをシンクライアント環境に移行し、シンクライアント専用端末に置き換えることで、端末からの情報漏えいを確実に防止します。また、お客様ごとに個別の環境をご用意いたしますので安心して利用できます。

高品質・高信頼なサービス

BizXaaS Officeは、日本国内にあるNTTデータの高信頼なデータセンタで運営されます。大規模SI構築で培ったシステム構築ノウハウと各種ハードベンダ・ソフトウエアベンダ各社とのアライアンス力を併せ持ち、高品質かつリーズナブルなサービス価格で利用できます。

ペーパレス化

iPadなどのタブレットPC(スレートPC)やさまざまな端末からオフィス環境に接続することができるので、打合せやプレゼンテーション時の印刷物の削減ができ、環境活動への貢献が図れます。

NTTデータ社内でのサービス利用について

今回、提供を開始するBizXaaS Officeのデスクトップサービス(DaaS)については、NTTデータ社内でも、電力総量規制対策に伴うテレワーク推進ソリューションとして、5月2日より試行運用を開始しています。自宅にいながらいつものデスクトップ環境に接続して業務が行え、また、デスクトップ環境はクラウド上で集中管理されるため、フレキシブルな運用が行えます。また、NTTデータの豊洲イノベーションセンタ「INFORIUM」においても、ショールームのクラウド化を実現するIT基盤として、BizXaaS Officeのデスクトップサービス(DaaS)を採用。あらゆる情報コンテンツをクラウド上に蓄積し、必要な時に必要な情報を瞬時に引き出して利用できる環境を実現しています。

さらに、オフショア開発での利用、会議室のプレゼンテーション端末として利用することでのペーパレスの実現、ビル移転に伴う迅速なPC配備とOA更改、分散した情報資産の一元管理など、さまざまな目的、用途でのサービス利用を検討しています。

提供開始時期

  • デスクトップサービス(DaaS):2011年5月30日より提供開始
  • Microsoft製品を利用したオフィスコミュニケーションサービス:2012年3月までに順次提供開始

価格(参考)

  • デスクトップサービス(DaaS)仮想PC型:月額3,400円~/ユーザ(1,000ユーザ利用の場合)
  • デスクトップサービス(DaaS)サーバ共有型:月額2,125円~/ユーザ(1,000ユーザ利用、同時利用率40%の場合)

今後について

今後、BizXaaS Officeは、東日本-西日本間でのDR(災害時のデータ復旧)の提供や、中国などのアジアをはじめグローバルでのサービス展開を視野に入れて、サービスのさらなる拡充に取り組みます。

なお、今回の展開開始にあたり、シトリックス、トレンドマイクロ、日本HP、日本マイクロソフト、ワイズテクノロジーよりエンドースメントをいただいています。

(50音順)

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社からのエンドースメント

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社は株式会社NTTデータ様による「BizXaaS Office」における、Citrix® XenDesktop®を用いたデスクトップサービスの提供開始を歓迎いたします。

シトリックスは、経営層、IT部門、社員の皆様すべてにとって、より優れた管理、サービスとコントロール、柔軟性に富んだ仕事環境を提供することをビジョンとして掲げ、"Virtual Computing"を推進しています。

セキュリティ強化とコスト削減、業務の生産性および柔軟性の向上を同時に実現する「BizXaaS Office」が、クラウド・サービスのさらなる普及を促進し、新しいワークスタイルやシステム提供につながることと期待しております。

今後もシトリックスは、クラウド技術の発展に向けて、NTTデータ様の取り組みに協力してまいります。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
代表取締役社長
マイケル キング

トレンドマイクロ株式会社からのエンドースメント

トレンドマイクロは、NTTデータの「BizXaaS Office」の展開開始を歓迎します。

また、NTTデータとトレンドマイクロの連携により、安全性の高いクラウドサービスを幅広いお客さまに提供できることを喜ばしく存じます。仮想デスクトップ環境に最適化し防御力と運用性を両立させた「ウイルスバスター コーポレートエディション」がデスクトップサービス(DaaS)のセキュリティ対策に採用されたことで、お客さまがより安心してサービスを利用できると確信しております。

今後もトレンドマイクロはNTTデータと安全・安心なクラウド環境の実現に向けて協業を推進してまいります。

トレンドマイクロ株式会社
取締役 エグゼクティブバイスプレジデント 日本地域担当 兼
エグゼクティブバイスプレジデント アジア・ラテンアメリカ地域営業推進担当
大三川 彰彦

日本ヒューレット・パッカード株式会社からのエンドースメント

日本HPは、世界No.1のシェアと幅広いラインアップを持つシンクライアント製品群を、本サービス向けにカスタマイズ提供する事で「BizXaaS Office」の販売促進をサポートいたします。

HPシンクライアント全製品に搭載の「HPデバイスマネージャ」によるシステム管理者の業務効率の向上に加え、世界170ヵ国超の拠点を通じた国内外でのサポート提供により、グローバルビジネスを展開するお客様にも安心して利用いただけます。

HPシンクライアントと「BizXaaS Office」の組み合わせにより、お客様はより快適で安全なクライアント環境を、最高のコストパフォーマンスで利用できるようになります。

また、この度の震災の影響により、企業の業務継続の観点から業務クライアントの管理や在宅勤務対応、節電対策などの優先度が高くなっていますが、これらの対策に対しても、HPシンクライアントを用いた「BizXaaS Office」ソリューションによりお客様のお役に立てると信じております。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
パーソナルシステムズ事業統括
取締役 副社長執行役員
岡 隆史

日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

この度のクラウドサービス「BizXaaS Office」サービス開始誠におめでとうございます。

Microsoft Exchange ServerやSharePoint Serverは、お客様が既に所有するシステム連携や機能拡張をもたらし、既にお使いであるMicrosoft Officeと非常に優れた親和性を持っております。今回、BizXaaS Officeを通じて、お客様のオフィス業務を支援するプラットフォームサービスへ進化させるだけでなく、コスト削減、生産性向上はもちろんのこと、迅速な災害時復旧が可能とお聞きしております。マイクロソフトの中核製品によるBizXaaS Officeが、これまでの信頼と多くの実績を兼ね備えたNTTデータ様からサービス提供されることにより、お客様に大変ご満足いただけるサービスになるものと確信しています。マイクロソフトは、今後ともNTTデータ様と共にBizXaaS Officeの提供を通じて、お客様の企業力強化に貢献してゆく所存です。

日本マイクロソフト株式会社
エンタープライズパートナー営業統括本部
業務執行役員 統括本部長
五十嵐 光喜

ワイズテクノロジー株式会社からのエンドースメント

ワイズテクノロジー株式会社はNTTデータ様のBizXaaS Officeの発表を歓迎いたします。Wyseソリューションとの融合により、企業が渇望している低コストかつ高いセキュリティと卓越したユーザーエクスペリエンスを持つオフィスデスクトップソリューションを提供できることを喜ばしく思います。Wyseソリューションを採用いただくことで多様なデバイスをシンクライアント化し、いつでも、どこでからでも国内外を問わすデータやアプリケーションへのアクセスを可能とし、ユーザーも高い利便性を享受できることでしょう。

ワイズテクノロジー株式会社
日本法人代表
松浦 淳

注釈

  • BizXaaS

    NTTデータの総合クラウドサービスのブランド。長年NTTデータグループが培ってきたシステム構築ノウハウを応用した「安心・安全・信頼」のエンタープライズ向けトータルクラウドサービスです。共同利用型サービスである「BizXaaSプラットフォームサービス」(http://www.ps.nttdcloud.jp/(外部リンク))と、個別のお客様向けにクラウドを構築・運用等行う「BIzXaaS構築・運用サービス」(http://www.bizxaas.com/index.html(外部リンク))で構成されます。

  • 「BizXaaS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
高橋
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
基盤システム事業本部
システム基盤サービスビジネスユニット
TEL:050-5546-9605
E-mail:cloud-service@am.nttdata.co.jp

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。