メールシステムをクラウドで提供する「BizXaaS® Office Exchangeメールサービス」を提供開始

~社内のユーザー情報との連携も可能なプライベートクラウド型のメールサービス~

2011年7月25日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、エンタープライズ向けメールシステム「BizXaaS®(ビズエクサース)Office Exchangeメールサービス」を本日より提供開始します。

「BizXaaS Office Exchangeメールサービス」は、Microsoft社の製品Exchange Serverをプライベートクラウドとして提供するもので、OutlookもしくはWebブラウザ等からアクセスが可能です。クラウドサービスは通常、社内ネットワークとは別のネットワーク上で利用することが多いですが、本サービスはお客様の社内ネットワークの一部として提供可能なため、安全に利用できます。本サービスの利用により、拠点に分散していたメールサーバーの集中管理ができ、また、パッチ適用や容量拡張などの煩雑なシステム運用作業が不要となるとともに、社内の既存のユーザー情報との連携にも対応することからTCO低減に貢献します。また、既存のメールサーバーからの移行支援にも対応します。

当社は既に「BizXaaSプラットフォームサービス」においてWebブラウザからパブリッククラウドとして利用する形態の「BizXaaSメールサービス」を提供していますが、今回これに加えて本サービスを提供することで、さらに安全で高機能なメール環境を希望するユーザーへのニーズにこたえます。

今後も「BizXaaS」は、さらなるサービスの拡充に努めてまいります。

背景

オフィス向けのサービスを集めた「BizXaaS Office」は、クラウド上でオフィス環境(デスクトップサービス(DaaS)、および、Microsoft製品を活用したコミュニケーションサービス)を提供するサービスです。

2011年5月より、「BizXaaS Office」として、デスクトップサービスとファイルサーバサービスを提供しておりましたが、このたび、コミュニケーションサービスとして「BizXaaS Office Exchangeメールサービス」の追加提供を開始します。

サービス内容と特長

「BizXaaS Office Exchangeメールサービス」は、Microsoft製品のExchange ServerをNTTデータの国内データセンター上で、プライベートクラウドサービスとして提供するサービスです。

お客様専用の環境を提供するため、重要な情報のやりとりをおこなうメールシステムを安心・安全に利用できます。

利用者は、さまざまなデバイスから、Outlook、もしくは、Webブラウザ等からアクセスし、メールやスケジューラ、アドレス帳をネットワーク経由で利用できます。すでにOutlookを利用しているお客様には、クラウドサービスへ移行後も、使い慣れたインターフェースで利用が可能です。また、メールウイルス検知・駆除機能を標準で提供する他、スパムメール対策、メールログ取得、メールアーカイブ、メールフィルタ、メール監査、モバイルメール、インターネットWebメール等の機能をオプションで提供し、内部統制やセキュリティ対策も万全です。さらに、既存のメールサーバーからの移行やID連携などについても個別対応する等、要件に柔軟に対応できるクラウドサービスです。

お客様メリット

TCO削減

拠点に分散していたメールサーバーの集中管理、パッチ適用や容量拡張などの煩雑なシステム運用業務からお客様を解放することで、運用管理コストの低減化が図れます。また、ユーザー数増加によりハードウエアリソースを追加する場合にも、使う容量分のみの購入で済みます。

ビジネスの柔軟性

事業の統廃合や人員増減に合わせた、メールの利用ユーザーの追加・削除へ迅速に対応できます。また、容量が不足した場合でも、自前で運用しているときに比べ、はるかに短期間・低コストでリソース追加が可能なため、拠点へのサービス提供、業務拡張などのビジネス変化への柔軟性が向上します。

内部統制への対応、セキュリティ向上

メールウイルス検知・駆除機能を標準で装備、そのほかにも、メールログ取得、メールアーカイブ、メールフィルタ、メール監査、モバイルメール、インターネットWebメール等のセキュリティ機能もオプションで提供しており、安心して利用できます。

提供開始時期

2011年7月25日提供開始

今後について

今後、「BizXaaS Office」は、DR(災害時のデータ復旧サービス)の提供や、グローバルでのサービス展開を視野に入れて、サービスのさらなる拡充に取り組みます。

導入事例

NTTデータは、ファーストユーザーの既存メールシステムを「BizXaaS Office」環境への移行を完了し、本日より2,000名規模で、「BizXaaS Office Exchangeメールサービス」の提供を開始しました。

既存メールシステムをオフィス内にて稼働・運用していましたが、今夏の計画停電に対する対策として、クラウド上へ移行することでの節電対策を図りました。

注釈

  • BizXaaS®

    NTTデータの総合クラウドサービスのブランド。長年NTTデータグループが培ってきたシステム構築ノウハウを応用した「安心・安全・信頼」のエンタープライズ向けトータルクラウドサービスです。共同利用型サービスである「BizXaaSプラットフォームサービス」(http://www.ps.nttdcloud.jp/(外部リンク))と、個別のお客様向けにクラウドを構築・運用等行う「BIzXaaS構築・運用サービス」(http://www.bizxaas.com/index.html(外部リンク))で構成されます。

  • 「BizXaaS」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • Microsoft、Outlookは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
高橋
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
基盤システム事業本部
システム基盤サービスビジネスユニット
TEL:050-5546-9605
E-mail:cloud-service@am.nttdata.co.jp

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。