2012年5月7日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータが構築・運営している「NTTデータ地銀共同センター」は、株式会社 鳥取銀行(本店:鳥取県鳥取市 頭取:宮﨑 正彦)に、2012年5月7日より予定どおりサービスの提供を開始しました。これにより、「NTTデータ地銀共同センター」の利用銀行数は13行となりました。

「NTTデータ地銀共同センター」(以下、地銀共同センター)は、高い実績を有する次世代バンキングアプリケーション「BeSTA®(ベスタ)」を使用した地方銀行・第二地方銀行向け共同利用型センターであり、NTTデータが長年にわたり培ってきた共同センターの豊富な実績と経験を活かすことにより、2004年1月より既に12銀行にサービス提供し安定運用しています。この度、新たに鳥取銀行にサービス提供を開始しました。

鳥取銀行では、地銀共同センター移行に伴い、競争優位性を発揮できる次世代機能の利用によりお客様ニーズへの迅速な対応やシステムコスト削減を実現することが可能となり、将来にわたって銀行経営戦略のお役に立てるものと考えています。地銀共同センターのサービス利用銀行数は13銀行へと拡大し、地方銀行向け共同利用型センターとして国内最大となります。

地銀共同センターは、参加銀行のニーズに応える先進システム機能の追加を継続的に実施していくとともに、勘定系システム業務を中心とした現在の提供業務の枠にとらわれず、インターネットバンキング業務機能の拡張、情報系統合データベースの構築および顧客情報の一元保有化、これを踏まえた融資統合管理システムやその他営業支援・経営管理系サブシステム群との連携・融合など、共同化システム範囲のますますの拡大・拡充を実現していきます。

今後も、参加銀行の経営戦略実現に寄与する新たな共同化機能を積極的に企画・提供することで、地銀共同センターのさらなる付加価値増大に努め、地方銀行システムにおけるデファクトスタンダードとしての確固たる地位確立を目指します。

NTTデータ地銀共同センターの参加銀行(2012年5月7日現在)

NTTデータ地銀共同センターの利用銀行は以下のとおりです。(利用開始および銀行コード順、敬称略)

参加銀行 地銀共同センター利用状況
株式会社 京都銀行 2004年1月サービス開始済
株式会社 千葉興業銀行 2004年10月サービス開始済
株式会社 岩手銀行 2005年1月サービス開始済
株式会社 池田泉州銀行 2005年1月サービス開始済
2012年1月システム統合完了
株式会社 荘内銀行 2006年5月サービス開始済
株式会社 愛知銀行 2007年1月サービス開始済
株式会社 福井銀行 2009年1月サービス開始済
株式会社 青森銀行 2009年5月サービス開始済
株式会社 北越銀行 2009年5月サービス開始済
株式会社 秋田銀行 2010年5月サービス開始済
株式会社 四国銀行 2011年1月サービス開始済
株式会社 足利銀行 2011年7月サービス開始済
株式会社 鳥取銀行 この度サービス開始

今後、利用予定の参加銀行は以下のとおりです。(銀行コード順、敬称略)

参加銀行

  • 株式会社 大分銀行
  • 株式会社 西日本シティ銀行

「BeSTA」採用実績

2012年5月7日現在、国内の多数の金融機関が「BeSTA」を採用しています。当社提供スキームでの採用実績は以下の通りです。(利用予定含む)

  • NTTデータ「地銀共同センター」:15銀行
  • NTTデータ「STELLA CUBE®」:7銀行
  • 3行共同利用システム:3銀行
  • NTTデータ「BeSTAcloud」:2銀行
  • 労働金庫:13金庫
  • 「BeSTAcloud」を利用予定の荘内銀行を含みます。

注釈

  • 「BeSTAcloud」「BeSTA」「STELLA CUBE」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「BeSTA」(Banking application engine for STandard Architecture)は、ベンダーを特定しないNTTデータの標準バンキング・アプリケーションです。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
高橋
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
黒田・高橋・谷
TEL:050-5546-8933

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。