2012年7月26日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、当社の経営戦略検討と変革実現のために、ITやグローバルビジネスに見識を持つ社外の有識者から意見を得ることを目的として、「アドバイザリーボード」を設置します。

背景

NTTデータでは、2012年5月8日に、向こう4年先を展望した「新中期経営計画(2012~2015年度)」を発表し、3つの注力分野(1.新規分野拡大・商品力強化、2.グローバルビジネスの拡大・充実・強化、3.全体最適の追求)に取り組むこととしました。新中期経営計画の達成に向けて、NTTデータが抱える経営課題や課題解決に向けた取り組みをアドバイザリーボードにて提示し、社外有識者から意見を得ることにより、今後の事業運営に役立てていきます。

メンバーについて

アドバイザリーボードのメンバーに就任する社外有識者は、以下のとおりです。

  • 一條 和生
    (一橋大学大学院 国際企業戦略研究科教授)

  • 岩田 喜美枝
    (株式会社資生堂 顧問)

  • Vittorio Volpi(ヴィットリオ・ヴォルピ)
    (元UBS日本代表)

  • 梅田 望夫
    (ミューズアソシエイツ 社長)

  • 岡本 行夫
    (株式会社岡本アソシエイツ 代表)

  • 平野 英治
    (トヨタファイナンシャルサービス株式会社 取締役副社長)

(敬称略/五十音順)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
田中
TEL:03-5546-8051

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。