地図情報等を活用した管理業務、分析業務支援サービス 「BizXaaS® MaP」を大幅拡充

~不動産物件情報や小売業の店舗情報の管理をクラウドで提供開始~

2012年8月2日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、地図情報コンテンツと業務アプリケーションの連携により、業務情報の管理や戦略的なマーケティング等を可能にするクラウドサービス「BizXaaS®注1 MaP(ビズエクサースマップ)」のメニューとして、特定業務に特化したメニューを大幅に拡充していきます。皮切りとして、8月2日より不動産・建設業界向けの物件管理サービス「BizXaaS 物件管理」、製造業や小売・流通業向けの店舗管理サービス「BizXaaS 店舗管理」を提供開始します。

本サービスは営業情報、売上情報といった業務データを、住宅地図、国勢調査、商業統計等の地図情報コンテンツや競合情報等と重ね合わせ、利用者間で管理・分析・共有することが可能です。これにより利用者は効果的でスピーディーな物件の獲得や店舗展開戦略の立案など、業績の向上につながるきめ細かな営業・マーケティング活動が可能となります。

また、本サービスはバーチャルプライベートクラウドサービス「BizXaaS プラットフォームサービス」のアプリケーションとして提供するため、セキュリティや信頼性、既存システムとの連動、拡張性なども安心して利用可能です。

今後、顧客管理、フィールドサービス等の業務支援サービスを追加し、様々な業界、業務に広く展開を図ることで、2015年度までに5億円の売上を目指します。

背景

昨今クラウドに対する需要が高まる中、お客さまの業務に即した細かい要望が増えており、不動産や小売業など、地図情報の利用が自社の営業活動に大きく影響する業界においても、運用の手間や費用を抑えて、迅速なシステム導入を実現したいなどの理由からクラウドへの需要が高くなっています。

NTTデータではこれまでも、物件管理、店舗管理、エリアマーケティングといった分野でお客さまの業務情報と詳細な地図情報を連携させたサービス提供を行ってきましたが、提供するアプリケーションはお客さまの業務要件にあわせて、個別にシステム構築するケースが多く、導入までに一定の期間と費用が発生していました。

そこで今回、カスタマイズの自由度は残しながら、特定業務に特化したサービスをクラウドで提供することにより、お客さまは、特定業務で必要な機能を有したアプリケーションを導入期間、費用を低減し導入することが可能となります。

概要

BizXaaS物件管理

「BizXaaS物件管理」は、地図に紐付けて物件情報の登録、管理、属性に応じた塗分けができます。競合物件のデータを取り込み地図上で自社物件と重ね合わせることで、類似物件の分布状況等視覚的な情報把握、周辺の競合物件の詳細情報の確認が容易になり、物件に応じた効果的な商品開発や価格設定が可能となります。

また、BizXaaS MaPが提供する住宅地図、ブルーマップ、地価データ、都市計画図等を重ね合わせ参照することができるため、これまで複数のサイトや書類を確認していた各種調査業務の効率化が図れます。

物件情報は3層構造(基本情報、詳細情報、営業情報)で構成され、各情報単位に参照、更新・削除の権限を設けることができ、お客さまの業務に合わせたセキュアな情報の管理が可能です。

BizXaaS店舗管理

「BizXaaS店舗管理」は、地図に紐付けて店舗や店舗候補地の情報を登録、管理、属性に応じた塗分けができます。

競合店舗のデータを取り込み地図上で自社店舗やBizXaaS MaPが提供する国勢調査、商業統計、地域特性等のマーケティングデータを重ね合わせることで、店舗商圏の市場把握が容易になり、売上が見込める店舗かのスムーズな判断が可能となります。

また、店舗の売上等他システムで管理している実績情報の取り込みを行うことで、出店後の業績把握が行え、統廃合の検討など店舗管理業務に役立てることができます。

店舗情報は2層構造(基本情報の下位に並列で検討情報、実績情報)で構成され、各情報単位に参照、更新・削除の権限を設けることができ、お客さまの業務に合わせたセキュアな情報の管理が可能です。

BizXaaS 物件管理、店舗管理の利用イメージ

【図】

図:BizXaaS 物件管理の利用イメージ

【図】

図:BizXaaS 店舗管理の利用イメージ

BizXaaS 物件管理、店舗管理の操作画面

【画面イメージ】

物件一覧と地図表示

【画面イメージ】

情報の登録

特徴

  • クラウドサービスの活用で初期投資を抑えた導入

    クラウドサービスであるため、物件管理機能、店舗管理機能はもちろん、利用地図をはじめ各コンテンツの初期費用を抑え、月額利用料でご利用いただくことができます。また同時利用者数による料金体系なので、ユーザー数が増えても安心です。

  • 業務を支援する豊富なコンテンツ

    豊富なコンテンツでお客さまの業務を支援します。また、各コンテンツは、サービス側で更新を実施するため、お客さま側での作業は一切不要で、常に最新データの利用が可能です。(住宅地図は1回/月の頻度で更新)

    • 豊富なコンテンツ

      住宅地図、ブルーマップ、地価、マンション販売データ、電話帳データ、国勢調査等の各種マーケティングデータ 等

  • 充実したオプション、カスタマイズ対応

    オプションのコンテンツやエリアマーケティング機能を追加することで、より詳細な物件・店舗情報やマーケティングデータ等の分析が可能となります。

    ご要望に合わせた柔軟なカスタマイズにより、お客さまの業務にあわせたサービスの導入、業務拡張時の対応ができます。

    • カスタマイズ例

      スマートフォン・タブレットの対応、お客さまシステムとの連携、独自帳票の対応、承認・決裁機能(ワークフロー)の対応 等

  • 安心のセキュリティ/信頼性

    「BizXaaS プラットフォームサービス」のインフラサービスを利用し、日本国内にある当社データセンターで運用します。各種安全基準をクリアし、高度なセキュリティと万全な態勢で安心安全の運用を行っております。

    また、システム基盤の中核とも呼べるデータベースサーバーは、当社の最新OSSソリューションを利用し、HAクラスタリング構成により万全の信頼性を確保しております。

価格

本サービスは、同時利用者数、オプション、カスタマイズの内容により、初期費用、ランニング費用が変わります。

  • 初期費用:初期設定費用、カスタマイズ費用 等
  • ランニング費用:アプリケーション利用料、地図等のコンテンツ利用料 等

アプリケーション利用料は、10ID(同時利用)で100万円/年からとなります。具体的な価格に関しましては、お客さまのご利用形態によって個別にお見積りいたしますので、お気軽にご相談ください。

今後の展開

今回提供開始した「物件管理」「店舗管理」に加え、今年度内に「BizXaaS MaP」のラインナップとして、顧客管理、フィールドサービス等の特定業務に特化したメニューを追加予定です。

注釈

  • 注1BizXaaS

    NTTデータのクラウドサービスのブランド名称。

  • 「BizXaaS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他記載された社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
田中
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
クラウドコンピューティングビジネスユニット
営業統括部
小林(千)
TEL:050-5546-9940

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。