クレジットカード決済をより安価・迅速に利用できるサービスを開始

~小売流通業界・通信販売業界向けのクレジットデータ伝送システムサービスがインターネット回線に対応~

2012年8月8日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、当社が提供している「クレジットデータ伝送システムサービス®」(以下、CDSサービス)において、データ伝送をインターネットで行うことができる「SFTP手順」の対応を2012年8月1日より開始しました。

CDSサービスは、小売・流通業界や通信販売業界の当サービス加盟店と、クレジットカード会社の間で、クレジット決済やギフト券等の決済手段を用いた際の売上金額精算業務等を効率化するためのファイル伝送サービスです。

従来のCDSサービスは、ISDN回線等を用い、さらに「HULFT(ハルフト)手順」や「全銀手順」というファイル伝送用パッケージが必要でしたが、今回の「SFTP手順」の対応開始により、インターネット回線のみでCDSサービスを利用可能となります。これにより、インターネット接続環境をすでに所持している加盟店やクレジットカード会社が、CDSサービスのために別途ISDN回線を契約する必要が無くなり、加盟店やクレジットカード会社は導入コスト(ファイル伝送用パッケージ、新規ISDN回線)を数十万円、回線利用料を数万円削減することができます。

NTTデータは今後、本サービスを筆頭に、積極的にクレジット取引に伴う運用業務の効率化を目指していきます。

背景

これまでのCDSサービスは、クレジット決済の売上データをはじめとするセキュアな情報の授受を行うため、利用条件としてファイル伝送用パッケージ(HULFT手順、全銀手順)とインフラとしてのISDN回線または専用線の敷設を必須としていました。

しかし、クレジットカードの発行枚数や取引量増加に伴い、加盟店およびカード会社の両者からクレジットカード取引に伴う運用業務の事務負担やコスト負担の軽減に対する要望が高まっており、またインターネット回線が広く普及していることに加え、高速化・暗号化技術の高度化によって、インターネットを使用し、セキュアな情報を授受することが一般的になりつつあります。

このような状況を背景にNTTデータは、これまで提供してきたCDSサービスをより一層強化し、インターネット回線上でのファイル授受を実現しました。SFTP手順を用いることで、インターネット回線を利用した場合においても、これまでと変わらず国際的な統一セキュリティー基準であるPCIDSSに準拠した高い安全性が保たれた環境で、ファイル授受を行うことが可能となります。

概要(特長)

業務運用コストの低減

従来のCDSサービスに必要であったISDN回線および伝送用パッケージ(HULFT手順、全銀手順)に比較して、インターネット回線とSFTP手順を使用することで初期投資および運用費用を低減することが可能です。すでにインターネット接続環境を所持している場合は、新規にISDN回線や伝送用パッケージを購入することが不要となります。

広帯域な接続環境

インターネット回線(光回線等であれば、10Mbps)を用いてファイル授受を行うことで、ISDN回線注1や専用回線よりもファイル伝送時間を短縮することが可能です。

これまでと変わらない安全性の保たれた環境

SFTP手順とは、SFTPプロトコルを用いたファイル授受です。SFTPプロトコルとは、ssh注2で暗号化された通信路を用いて安全にファイル授受を行うプロトコルです。SFTP手順では、公開鍵認証などを用いてsshでログインした後任意の形式のファイルを送受信することができます。昨今では、UNIX向けのsshパッケージに標準で付属しているほか、Windowsなどからも利用可能なクライアントソフトも公開されています。

対象業務一覧

従来のCDSサービス同様、下記の業務を対象にサービス開始します。

  • 売上データ伝送
  • 定例無効通知データ伝送
  • 緊急無効通知データ伝送
  • 有効性チェックデータ伝送
  • ギフト券売上データ伝送

サービス提供イメージ

【図】

図:サービスイメージ

【図】

図:インターネット対応開始によるメリット

【図】

図:操作画面イメージ

注釈

  • 注1ISDN回線は64k~1.5Mbps程度。
  • 注2主にUNIXコンピュータで使用されるプログラムです。遠隔地のマシンでコマンドを実行したり、他のマシンへファイルを移動したりするためのプログラムです。ネットワーク上を流れるデータは暗号化されるため、インターネット経由でも安全性を保つことができます。
  • 「クレジットデータ伝送システムサービス」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • 「クレジットデータ伝送システムサービス」は国際的な統一セキュリティー基準であるPCIDSSを取得済みのサービスです。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
戸田
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第一金融事業本部
カード&ペイメント事業部
商品企画担当
崔(チェ)、大塚
TEL:050-5546-8861

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。