2012年10月4日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、クラウドサービスBizXaaS®注1プラットフォームサービスのラインナップとして、新たに「BizXaaSプラットフォームサービス Flex」を追加し、10月4日より販売開始します。

BizXaaSプラットフォームサービスでは、これまでにもエンタープライズ向けに高信頼で安心のシステム基盤をクラウドサービスとして提供してきました。クラウドサービス市場の拡大に伴い、多様化するニーズに対して、従来提供してきたサービスに加えて、さらに柔軟かつスピーディーに応えるため、オートスケール注2や従量課金に対応した新たなサービスを実現します。基盤としてNTTコミュニケーションズのパブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」を活用し、BizXaaSとして運用監視サービスやマスタテンプレートなどオリジナルのサービスを追加してご提供いたします。

お客さまは本サービスの利用により、NTTデータ品質の安心はそのままに、ビジネスボリュームに応じた柔軟なリソース活用と効率的なシステム運用が可能となります。

背景

クラウドサービスの導入が広がり、利用シーンも多様化する中、さらなるコストパフォーマンスのニーズが高まっています。BizXaaSプラットフォームサービスでは、従来提供してきたサービスの安心と品質を保ちながらも、さらにビジネス規模に合わせて柔軟に活用できるクラウドサービスの検討を進めてまいりました。今回基盤として活用しているNTTコミュニケーションズの「Bizホスティング Cloudn」は、優れたコストパフォーマンスで、国内からのアクセスに対して低遅延・高レスポンスを実現しているパブリッククラウドサービスです。BizXaaSプラットフォームサービス Flexでは、このサービスをクラウド基盤として活用し、NTTデータならではのシステムインテグレーションノウハウでシステム基盤としてセットアップされた環境をすぐに安心して利用可能な新たなサービスを実現しました。

【図】

図:利用イメージ

サービスの特徴

  • 安心で効率的なアプリケーション運用をサポート
    • 死活監視やリソース監視だけでなく、ログ監視やプロセス監視に活用できる監視サービスが標準設計
    • SMTPサービスや運用監視エージェントなどがすぐに利用可能
  • ビジネスボリュームに応じたリソース変動への柔軟な対応
    • リソース閾値設定によるオートスケーリング*2で業務量のピーク時対応が可能
    • 大容量配信サービスなど高トラフィックシステムに対しても、高コストパフォーマンスのネットワーク帯域を提供
  • 月額上限付きの従量課金で安心と高コストパフォーマンスを両立
    • 起動時間単位での従量課金対応
    • 使いたい時にのみ起動することで、月末業務や季節限定業務にも高いコストパフォーマンスを実現

提供サービスメニュー体系

ランニング 基本サービス
  • 仮想サーバー(VM)注3
  • データディスク
  • データ保存領域
  • ネットワーク注3
Flexオリジナルテンプレート注3
  • 監視機能付きマスタ(Cent OS)
  • 監視機能付きマスタ(Windows)
  • SMTPマスタ
その他
  • DNS(ps.nttdcloud.jp)
  • ウィルス対策ソフト
一時費用 作業支援サービス
  • VM初期設定注3
  • 追加データディスク設定
  • ネットワーク設定注3
  • ウィルス対策ソフトインストール
  • バックアップ設定
  • 監視設定注3
  • ジョブ設定

サービスメニュー価格例

基本サービス

  • 仮想サーバー(vCPU:1CPU/メモリ2GB)7.98円/時間 月額上限料金 3,780円
  • 仮想サーバー(vCPU:4CPU/メモリ8GB)31.92円/時間 月額上限料金 15,120円

今後について

「BizXaaS」は、用途に応じた多様なIaaSを活用したハイブリッドPaaSとしてのアプリケーション基盤の拡充をはかっていきます。それにより、さまざまなクラウド基盤の良さを生かししつつ、お客さま環境内システムとのシームレス連携をはかり、総合的にクラウドのメリットを使うことで総合運用サービス(ITO)を実現します。

なお、今回の提供開始にあたり、「Bizホスティング Cloudn」の提供元であるNTTコミュニケーションズより以下のエンドースメントをいただいています。

NTTコミュニケーションズからのエンドースメント

柔軟性が高くコストパフォーマンスに優れたインフラ基盤である「BizホスティングCloudn」にNTTデータの優れた運用・監視機能やシステムインテグレーションノウハウが組み合わされた「BizXaaSプラットフォームサービス Flex」は、お客さまのビジネスに応じた柔軟なリソース活用と効率的なシステム運用を実現するものであると確信しております。NTTコミュニケーションズはこれからも品質と利便性に優れたICT環境のご提供へ向け、NTTデータとの連携を推進して参ります。

NTTコミュニケーションズ株式会社
クラウドサービス部長
田中 基夫

注釈

  • 注1BizXaaS

    NTTデータのクラウドサービスのブランド名称。

  • 注2オートスケール機能

    クラウド上の仮想サーバーへのトラフィックやCPUの使用率を監視し、ユーザーアクセスなどの負荷に応じて、自動で仮想サーバーの数を追加・削除させる機能です。

  • 注3ご利用にあたって必須となる項目です。
  • 「BizXaaS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
田中
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
須藤・縄村
TEL:050-5546-9940
URL:http://www.ps.nttdcloud.jp/(外部リンク)

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。