2013年8月28日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは、2013年8月28日より金融業界向けインサイダー対策ソリューション「BizXaaS® Voice」(ビズエクサースボイス)の提供を開始します。「BizXaaS Voice」は金融機関におけるインサイダー取引の抑制・監視強化を目的としたもので金融機関に勤務する職員の通話のモニタリングをすることで、金融機関におけるインサイダー取引を未然に防止します。

「BizXaaS Voice」により音声をテキスト化し、特定のキーワードで通話内容を抽出、録音内容を容易かつ効率的に確認することができます。またNTTデータのCRMソリューションと組み合わせて提供することもできます。

NTTデータでは金融業界を中心に、「BizXaaS Voice」およびCRM関連ソリューションで2016年度末までに16億円の受注規模を目指します。

背景

昨年、大手証券会社が公表前の増資情報を特定顧客に漏らし、増資インサイダー取引に関与したことに伴い、インサイダー取引の抑制・監視強化は金融庁より厳しく求められています。

インサイダー取引防止の一環として、電話での通話を録音し保存、確認するという仕組みをすでに導入している金融機関はありますが、その場合ランダムに通話記録を抽出し確認するため作業時間がかかり網羅性にも欠けるということが想定されました。これらの課題に対応するため、NTTデータでは音声認識ソリューションを活用し、通話録音データをテキストに変換、テキストベースで通話内容を確認したりキーワードで通話内容を検索できるインサイダー対策ソリューションの提供を開始することとなりました。

NTTデータは、音声認識ソリューションとして実績豊富なアドバンスト・メディア社の「AmiVoice®」をBizXaaSのラインナップに新たに追加し、「BizXaaS Voice」としてインサイダー対策ソリューションに活用します。

【図】

図1:「BizXaaS Voice」を活用したインサイダー対策のイメージ

概要

インサイダー取引対応の辞書を提供

音声認識を高精度に実現するためには、高精度な音声認識のベースエンジンを導入することに加え、利用されるお客さまや業務ごとに辞書をカスタマイズする必要があります。NTTデータでは、インサイダー取引に関する内容をチェックできるようカスタマイズした辞書を「BizXaaS Voice」に搭載し、解析精度の高い認識力を発揮します。

【図】

図2:音声認識エンジンの構築方法

NTTデータのCRMソリューションと組み合わせた提供も可能

NTTデータでは、お客さま情報の管理や営業活動の管理・分析ができる統合CRMソリューション「Salesforce」「Microsoft Dynamics CRM」、コールセンターなどの顧客接点の場においてお客さまとの応対内容を管理するコンタクトセンター支援ソリューション「BizXaaSコンタクト」を販売しています。これらのCRMソリューションと「BizXaaS Voice」を組み合わせて提供することで、お客さまがよく話しているキーワードを録音された通話内容を再度聞き返すことなく把握することが可能となるなど、「お客さまの声」を正確に保存・共有することで、営業機会の創出/適切なクレーム対応など業務効率化や顧客満足度向上につなげることができます。

特長

音声認識ソリューション「BizXaaS Voice」は次のような特長があります。

音声をハイスピード、ハイクオリティーに認識

金融機関への豊富な導入実績から特に金融機関向けには高い認識率を誇ります。また、事前に自分の声を学習する必要がなく(不特定話者対応)、会話のアクセントやスピードに左右されずに音声認識処理を行いますので、老若男女問わず、より自然な発話をほぼリアルタイムに認識することが可能となります。

【図】

図3:BizXaaS Voice利用イメージ

元の音声をテキストデータとともに保存可能

音声認識に利用した発話者の音声は、コンパクトなデータとして保存され、テキスト化したデータと音声はリンクして保存しておくことが可能です。またテキストのセンテンス単位での再生が可能です。

認識結果を可視化

認識結果を画面で閲覧することができます。画面上でテキスト内容を編集したり、キーワード検索をすることができます。コールセンター内での通話の共有、モニタリングやリスク通話の抽出、会話内容の分析、通話の分類ができます。

BizXaaSについて

BizXaaSとは、NTTデータの統合クラウドサービスです。パブリッククラウド、プライベートクラウド、これらの構築・運用を行うクラウドプラットフォームサービスとデスクトップサービス、ワークフロー、地図情報、コンタクトセンターなどのクラウドアプリケーションサービスを提供しています。「BizXaaS Voice」はクラウドサービスおよびオンプレミス型での提供も可能です。

今後について

今後NTTデータは、金融業界でのシステム構築実績やCRMシステムの構築実績をベースに「BizXaaS Voice」の販売を展開していきます。2016年度末までに「BizXaaS Voice」および関連ソリューションで、16億円の受注規模を見込んでいます。

注釈

  • 「AmiVoice」は日本国内における株式会社アドバンスト・メディアの登録商標です。
  • 「BizXaaS」は日本国内における株式会社NTTデータの商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
田中
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ビジネスソリューション事業本部
クラウドコンピューティングビジネスユニット
第一営業担当
大橋、森
TEL:050-5546-2386

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。