2014年5月7日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下NTTデータ)は2012年3月にフィデアホールディングス株式会社(本社:仙台市、代表執行役社長CEO:里村 正治)と金融機関向け基幹系サービス「BeSTAcloud®」に関する基本契約を締結しました。この基本契約に基づき、2014年3月17日に株式会社荘内銀行(本店:山形県鶴岡市、頭取:國井 英夫)、2014年5月7日に株式会社北都銀行(本店:秋田県秋田市、頭取:斉藤 永吉)へBeSTAcloudの本格提供を開始しました。

「BeSTAcloud」は、NTTデータの運営する「地銀共同センター」「STELLA CUBE®」などで高い実績を持つ、標準バンキング・アプリケーション「BeSTA®」をベースに、金融機関ごとに個別のサービスを提供する新たな基幹系センターです。「BeSTAcloud」はハードウエアリソースやセンター設備等をクラウドとして提供することにより、金融機関における「システムのコスト低減」を実現するほか、「BeSTA」をベースとした個別カスタマイズが可能なことから「システムの自由度」も確保しています。

NTTデータは、ファーストユーザーとしてフィデアグループに「BeSTAcloud」を提供し、同グループが取り組む基幹系システムの統合を実現しました。今後さらに、フィデアグループの掲げる情報技術戦略の実現やオープンプラットフォームの推進を支援します。

今後、NTTデータはさまざまな形態の金融機関や金融グループに対しても「BeSTAcloud」を提案していきます。また、チャネル系・情報系などの幅広い周辺系ソリューションと「BeSTAcloud」を組み合わせ、各金融機関および金融機関グループの経営方針に沿った最適なソリューションを提案することでビジネスをサポートしていきます。

「BeSTAcloud」の利用銀行(2014年5月7日現在)

「BeSTAcloud」の利用銀行は以下のとおりです。(利用開始順、敬称略)

参加銀行 「BeSTAcloud」利用状況
株式会社荘内銀行(フィデアホールディングス株式会社) 2014年3月17日サービス開始
株式会社北都銀行(フィデアホールディングス株式会社) このたびサービス開始
  • 今般サービスを開始したフィデアグループのほか、株式会社あおぞら銀行の「BeSTAcloud」採用も決定しています。

「BeSTA」採用実績

2014年5月7日現在、国内の多数の金融機関が「BeSTA」を採用しています。当社提供スキームでの採用実績は以下の通りです。(利用予定含む、敬称略)

名称 金融機関数 金融機関名
NTTデータ「BeSTAcloud」 3銀行 フィデアグループ(荘内銀行・北都銀行)、あおぞら銀行
NTTデータ「地銀共同センター」 14銀行 京都銀行、千葉興業銀行、岩手銀行、池田泉州銀行、愛知銀行、福井銀行、青森銀行、北越銀行、秋田銀行、四国銀行、足利銀行、鳥取銀行、西日本シティ銀行、大分銀行
NTTデータ「STELLA CUBE」 8銀行 東京都民銀行、長野銀行、但馬銀行、富山銀行、神奈川銀行、東北銀行、仙台銀行、きらやか銀行
共同利用システム 4銀行 横浜銀行、北陸銀行、北海道銀行、七十七銀行
労働金庫 13金庫

注釈

  • 「BeSTA」(Banking application engine for STandard Architecture)は、ベンダーを特定しないNTTデータの標準バンキングアプリケーションです。
  • 「BeSTAcloud」「BeSTA」「STELLA CUBE」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
甘田(かんだ)
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
小沢、穂坂
TEL:050-5546-8520

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。