2014年10月14日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、2014年10月14日より、Twitterなどのソーシャルメディア活用をより効果的に行うためのソリューションとして、「なずきTwitterインテグレーションソリューション」の提供を開始します。

NTTデータは、これまでも高精度日本語解析エンジン「なずき®」や、大量・高精度・高付加価値なツイートデータの提供を行う「Twitterデータ提供サービス」を行ってきました。「なずきTwitterインテグレーションソリューション」は、これらのソリューションそれぞれの提供実績によるノウハウを結集し、お客さまにとって、より効果的かつ導入しやすい6つのソリューションとして、各サービスを体系的に整理し、提供するものです。本ソリューションは、「進化型ソリューション」というコンセプトのもと、お客さまのソーシャルメディア活用の習熟度に合わせたソリューションの導入を可能とすることで、その効果を最大限に高めることができます。

2017年度までに、本ソリューションラインナップ全体で、合計100社への導入を目指します。

背景・概要

NTTデータは、2005年7月に高精度日本語解析エンジン「なずき」を発表し、アンケートやコールセンターでのテキストマイニングや、広告に関連する業界とのアライアンスなど、言語処理関連ビジネスとして幅広い活動を行ってきました。また、アジアパシフィック地域で唯一のTwitter社公認製品提供事業者(データ再販パートナー)として、2013年2月より「Twitterデータ提供サービス」の提供を開始し、2011年2月に提供を開始したSaaS型分析サービス「なずきのおと®」を含めて、これまでに官公庁、一般企業、研究機関を中心とした約300社以上のお客さまへサービスの提供を行いました。しかしながら、「初めて活用を行うお客さま」から「分析はすでに実施しているが、さらに高度な活用をしたいお客さま」まで幅広いニーズがあり、一律でのサービス提供が難しい状況がありました。

これらお客さまの幅広いニーズに対応するため、これまでの提供実績によるノウハウを結集し、お客さまの用途や目的に合わせたソリューションラインナップとして、整理し直すことで、お客さまにとってより効果的かつ導入しやすい形でサービスを提供することを可能としました。

さらに、本ソリューションは「進化型ソリューション」というコンセプトのもと、お客さまのソーシャルメディアの習熟度に合わせて段階的にソリューションを組み合わせることで、ソリューションの導入効果をより高めることを可能とします。

なずきTwitterインテグレーションソリューションラインナップ

基本サービス

用途・目的別ソリューション

目的 ソリューション 概要
まず見てみたい 高精度低価格レポート 人力による低価格レポート。エントリーユーザー用として、アナリストのコメント付きで、手軽に自社についての発言内容を把握することが可能。
自分で分析したい なずきのおと 分析用WebSaaS。ユーザー自身で手軽にTwitter分析を実施することが可能。
活性化したい アクティブサポート 実際にソーシャルメディア上でお客さまと会話をすることによって、自社に関連する発言を活性化させる。
大規模分析をしたい 分析基盤構築 「なずきのおと」では分析が難しい大量なデータの分析やPOSデータ他とのクロス分析など、大規模分析基盤を構築。
ユーザー分析をしたい ユーザープロファイルDB 自社ユーザーや潜在ユーザーなどがどんなユーザーなのかペルソナ分析を実施することが可能。
収益化したい 次世代CRM構築 ペルソナ分析と商品レコメンドなどを組み合わせ、これまでの施策よりも収益性の向上を目指す仕組みとコンサルティングを提供。

進化型ソリューション

用途・目的別の6つのソリューションはTwitterなどのソーシャルメディア活用の習熟度に応じて導入が可能です。まずは、レポートで自社や競合についてのユーザーの反応に関するツイートなどをレポートで見ることからはじめ、段階的に分析レベルを上げていくことができます。より高度なソーシャルメディア活用では、分析にとどまらず、収益性の向上を目指す仕組みとコンサルティングを提供します。

これにより、ソーシャルメディア活用を始めたいが「何をしたらよいか分からない」「何に使えるのか分からない」という活用初期段階のユーザーのニーズや、「分析はしているが、うまく施策に結び付けられない」「分析はやりつくしたので早く収益化したい」という高度なユーザーのニーズにも応えることができるソリューションを提供できるようになりました。

【図】

図:なずきTwitterインテグレーションソリューション全体図

今後について

NTTデータは、お客さまのソーシャルメディア活用の内容を体系化した本ソリューションの提供により、ソーシャルメディアのビジネス活用市場の活性化がさらに進むことを予想しており、2017年度までに本ソリューションラインナップ全体で、合計100社への導入を目指します。

注釈

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第三法人事業本部
ソーシャルビジネス推進室
尾崎、佐藤
TEL:050-5546-9092

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。