2015年1月27日

株式会社NTTデータ
日本電信電話株式会社

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男、以下:NTTデータ)は、日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦 博夫、以下:NTT)が開発した機械翻訳エンジン「多言語統計翻訳プラットフォーム」を採用した技術文書の翻訳サービスの提供を2015年4月より開始します。

NTTデータは、これまで中国語・韓国語の特許文献を対象とした翻訳サービスを提供してきましたが、今回提供を開始するサービスでは、新たに対象言語に英語を追加するとともに、対象文書も特許文献に加えて、製品マニュアル、設計書、学術論文等の技術文書に拡大します。本サービスを利用することで、技術文書における翻訳コストの削減ならびに人手翻訳作業の期間短縮の実現が可能となります。

NTTデータは、本サービスを特許情報サービス業界や翻訳サービス業界に向けて提供を推進し、2017年度までの累計で10億円の売り上げを目指します。

背景と概要

近年、ビジネスのグローバル化に伴い、さまざまな言語で記載された大量の文書情報を利用する必要性が高まっています。特許文献や製品マニュアル等の技術文書についても人手翻訳で対応する中で、取り扱う文書量の増加に伴い、自動翻訳に対するニーズが高まっています。

NTTデータでは、NTT研究所で開発された機械翻訳エンジン「多言語統計翻訳プラットフォーム」を採用し、2014年4月より中国語特許文献の翻訳サービスを提供してきましたが、このようなニーズを受け、技術文書を高精度に自動翻訳する機械翻訳サービスの提供を2015年4月より開始することとなりました。

主な特長

本サービスではNTT研究所の機械翻訳技術を活用しており、NTT独自の世界最高水準の構文解析技術や文法に基づく語順変換技術により、技術文書に現れる長い文に対しても高い品質で翻訳することが可能となっています。製品マニュアル等の翻訳にあたっては、これまでお客さまにて保有・蓄積された対訳データ(言語間で対応付けられた文のデータ)があれば、カスタマイズされた翻訳サービスの利用も可能となっています。

今後について

本サービスについては、SIによる提供形態をはじめクラウド型でも展開を行い、2017年度までの累計で10億円の売り上げを目指します。また今後はビジネス文書等、順次新規分野向けに展開を図っていきます。

別紙

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
古場
TEL:03-5546-8051

日本電信電話株式会社
サービスイノベーション総合研究所
企画部広報担当
TEL:046-859-2032
E-mail:randd@lab.ntt.co.jp

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
技術開発本部
サービスイノベーションセンタ
松永、城塚
TEL:050-5546-9741

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。