2015年4月23日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(代表取締役社長:岩本 敏男、本社:東京都江東区、以下:NTTデータ)は、メタウォーター株式会社(代表取締役社長:木田 友康、本社:東京都千代田区、以下:メタウォーター)と上下水道事業向けIoTサービス分野において協業することで、基本合意しました。

2015年度下半期以降、メタウォーターが提供する、浄水場・下水処理場内のプラント監視および流量・水圧・残塩濃度などの監視システム(以下:広域監視コンテンツ)と、NTTデータが新たに開発したIoTクラウド基盤とを連携し動作させることで、より高性能な監視サービスを両社で展開していきます。

なお、NTTデータではこのIoTクラウド基盤を、上下水道分野におけるスマートメーター導入後の料金業務や漏水対策のコンテンツ開発等へ活用することを目指すと同時に、河川道路等水道事業以外の公共インフラ分野や、防災分野および民間プラント分野への展開についても検討を進めていくことで、IoTクラウド関連ビジネスを5年後の2020年までに、年間100億円規模に成長させることを目指します。

背景

国内の公共上下水道事業は、より効率的な事業運営を行うべく、民間への事業運営委託や、民間資本導入による経営・包括委託へのシフトが今後ますます加速化していくことが見込まれています。

NTTデータでは、今後、公共上下水道分野におけるIT活用ニーズがこれまで以上に高まるととらえ、2014年5月より、メタウォーターと公共の上下水道分野における効果的IT活用の実現に向けて、共同で検討を続けてきました。

検討の結果、センサーを活用したIoT技術による情報収集や、ビッグデータ分析の領域においてIT活用の有効性が確認できたことから、その中核となるIoTクラウド基盤の構築を決定し、メタウォーターと連携して上下水道事業向けIoTサービスを開始することとなりました。

IoTクラウド基盤の概要

IoTクラウド基盤は、以下の主に5つの機能を有するサービスです。

センサーや装置等から情報を収集、蓄積、保守、管理する機能を有し、ビッグデータ分析を行うための基盤として、水道事業分野のみならず、さまざまな領域で活用が可能なIoT(M2M)サービスです。

  • 現場での接続機能

    フィールド(現場)における各種装置・センサー・無線装置などと接続を可能とする機能

  • 通信環境対応

    フィールド端末とクラウドとをつなぐさまざまな通信回線に対応する機能

  • 情報処理機能

    センサーから収集した、多量のデータ・画像を瞬時に処理・蓄積する機能

  • センター機能

    お客さまの優れたコンテンツや解析基盤等と連携する機能

    24時間365日の監視保守機能

メタウォーターとの協業内容

2015年度下半期以降、メタウォーターが提供している上下水道事業者向け監視サービス「WBC(ウォータービジネスクラウド、以下:WBC)」と、このIoTクラウド基盤を組み合わせ、より高性能なサービスとして提供を開始します。

提供サービス

メタウォーターの広域監視コンテンツをNTTデータのIoTクラウド基盤と連動し、提供します。

メタウォーターが独自に開発したWBCの広域監視コンテンツ等を、NTTデータが提供するIoTクラウド基盤上で動作させることで、テレメーター装置等、従来特定のフィールド端末装置等が必要だった広域監視業務に、耐環境性にも優れ、かつ汎用的に入手可能なマイクロサーバーなどのさまざまな端末装置を用いることが可能となります。これにより、水道事業者はコストを抑えた機器調達を行うことが可能となります。

さらに従来に比べ、画像データの適用やデータ収集頻度を上げることができるなど、各種機能を向上させることでより高機能で安価なサービスを提供します。

両社の役割

  • メタウォーター:WBCの監視サービスのコーディネート、および販売
  • NTTデータ:IoTクラウド基盤の提供

今後について

メタウォーターとの連携について

NTTデータはメタウォーターと、広域監視サービスを主体としたWBCの販売連携についても、IT分野のみならず公共上下水道事業分野における全般的なビジネス連携について、海外展開も視野に引き続き検討を実施していきます。

IoTクラウド基盤の展開について

IoTクラウド基盤単体でのサービス展開・販売にとどまらず、この基盤を核として、公共機関や民間プラント分野のお客さまを中心に、センサー整備や各種装置との接続から、IoT管理機能構築・データ蓄積、およびビッグデータ分析機能構築等含めた、トータルIoTシステム構築ビジネスの展開を目指していきます。

参考

注釈

  • 会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
戸田
TEL:050-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
公共システム事業本部
e-コミュニティ事業部
土井、山口、田中、山田
TEL:050-5547-9405

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。