2015年5月18日

商工中金
株式会社NTTデータ

商工中金は、中小企業等の融資審査等の際に必要となる決算情報について、電子データでの受け付けを2015年5月18日より開始します。

本電子データ受け付けのしくみは、株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)が提供するe-Tax(国税電子申告・納税システム)データ活用サービス「Zaimon®(ザイモン)e-Taxデータ受付サービス」を用いて実現しています。中小企業等はWeb上からe-Taxデータを送信することができ、紙資料での決算情報の提出が不要となります。また、本サービスをTIS株式会社(以下、TIS)が提供する「SCORE LINK」と連携することで、中小企業等から送信されたデータを財務分析システムに直接読み込み、財務状況の分析を行うことを可能としています。

これにより、e-Taxで税務申告を行う企業と、企業の財務分析を行う商工中金の間で、正確かつ詳細で信頼性の高い情報をセキュアな環境で授受することができ、それぞれの業務効率の向上とペーパーレス化促進を可能とします。

背景

e-Tax(国税電子申告・納税システム)の利用率は平成19年以降急増しています。特に法人税申告における利用率は平成25年度時点で67.3%に達し、過半数の法人がe-Taxを利用して申告を実施しています。

従来、商工中金では融資審査等において、中小企業等が税務署に提出する税務申告書の控えを紙資料で取得し、手作業でSCORE LINKへの登録・分析を実施してきました。

税務申告された信頼性の高い情報であるe-Taxデータを活用することは、金融機関における業務効率化につながるとともに、提出側となる企業側においても利便性向上やペーパーレス化のメリットがあり、企業・金融機関の双方で、e-Taxデータ利用へのニーズがあります。

そこでこのたび、商工中金は決算情報のe-Taxデータによる受け付けを開始することとし ました。

【図】

図:e-Taxデータ受付のイメージ

概要

本電子データ受け付けは、NTTデータのASPサービス「Zaimon e-Taxデータ受付サービス」用いて実現しています。中小企業や税理士は、Web上から商工中金にe-Taxデータを送信することができ、紙資料での提出が不要となります。

また、受信したe-Taxデータを読み込み、財務分析用科目に変換するための機能をTISの「SCORE LINK」に追加し連携することで、取得したデータを分析システムに直接取り込むことができ、商工中金における財務分析に関わる作業を効率化します。

電子データ利用のメリット

1.中小企業等・金融機関間での信頼性の高い情報授受と、ペーパーレス化の促進

  • 「Zaimon e-Taxデータ受付サービス」を介して取得したデータを「SCORE LINK」に連携することで、税務申告に利用されたものと同一の真正性の高いデータを利用することができます。
  • e-Taxデータは、内訳書・概況書等の添付資料を含む資料がまとめられており、金融機関はより詳細な企業情報の確認が可能となります。
  • 金融機関は提出された決算書をOCR処理しデータ化する必要がなく、スキャナーでの読み取り作業を削減し、効率的なデータ処理や迅速な融資審査等が可能となります。
  • 企業はe-Taxに提出したデータをそのまま利用することが可能となり、紙資料での提出の必要がなくなるため、提出資料の収集や業務におけるペーパーレス化を促進することができます。

2.「紛失・漏えい」への対応

  • 紙資料の利用には、運搬・保管時の紛失というリスクがありますが、NTTデータが提供するセキュアな環境で電子データを送信することで重要書類の紛失・漏えいを防ぐことができます。

今後の予定

商工中金は、提出側となる企業の申込・利用手数料を無料とし、このしくみの活用を進めていきます。

NTTデータは、TISとの本連携サービスについて他金融機関への提供を目指します。

注釈

  • 「Zaimon」は、日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

商工中金
組織金融部
的場
TEL:03-3246-9987

株式会社NTTデータ
広報部
三宅
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

商工中金
組織金融部
的場
TEL:03-3246-9987

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部
e-ビジネス事業部
有田
TEL:03-5443-6168

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。