2015年11月10日

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2015年11月10日より、「Twitterデータ提供サービス」の商品ラインナップを拡充し、従来のデータ提供に加えて、新たに「データ解析オプション」「システム開発ソリューション」の提供を開始します。2015年10月8日より、「Twitterデータ提供サービス」の全言語に対応したサービスを開始しましたが、本件は、Twitterデータを、よりお客さまの業務に近いかたちにしたソリューションを提供するためのオプションサービスの拡充となります。

「データ解析オプション」は、これまでもお客さまからの要望が高かった「訪日外国人動態調査」、「地域情報分析」、「画像抽出」、「災害情報分析」など、目的別に7種類のデータの抽出・解析・レポートを提供するサービスです。また、「システム開発ソリューション」は、「クローリングシステム」、「ノイズフィルター」といった、インターネット上の情報収集・整理を簡単に行うことができるプロダクトの提供を行うサービスです。

NTTデータでは、これまでもTwitterデータの提供および、その分析やシステム構築サービスなどの提供を行ってきましたが、10月8日よりサービスを開始したTwitterの全言語・全期間のデータの提供と、今回の拡充による「解析オプション」や「システム開発ソリューション」を組み合わせることで、Twitterデータを含めたさまざまなデータを活用する取り組みのさらなる推進を行っていきます。

背景

NTTデータは2012年9月に米国Twitter社とTwitterデータ再販のFirehose契約を締結し、2012年12月より「Twitterデータ提供サービス」を提供してきました。以降、官公庁、金融機関、メーカー、流通業をはじめとしたさまざまな業界に対して、のべ150社以上のお客さまにサービスを提供してきました。2015年10月8日からは、Twitterデータの対象を日本語から全言語に拡大し、グローバルBI(ビジネスインテリジェンス)などにおいて、より多くのお客さまが情報を活用することが可能になりました。

一方、これまでさまざまなお客さまへサービスを提供する中で、データ分析・活用時には「活用目的ごとにあらかじめ抽出、分析されたデータが欲しい」といった要望や、データ解析を行うシステムの構築時には「ソーシャルメディア以外のデータの収集や、データクレンジングを効率的に行いたい」といった、お客さまの業務により近いデータとプロダクトに対する要望が多くありました。

これらの要望に応えるため、「データ解析オプション」、「システム開発ソリューション」の新たなメニューをそろえることで、お客さまにとってより分かりやすいかたちでのサービス提供を可能とし、お客さまへのデータの提供や、システム開発のスピードを上げることも可能となります。

ソリューション概要(特長)

データ解析オプション

「データ解析オプション」は、訪日外国人動態調査分析等、昨今特にデータ分析ニーズが高い要望について整理した分析データパッケージとなります。

名称 内容
訪日外国人動態調査 出身国、訪問場所等を絞って、訪日外国人の訪日時およびその前後のツイートを特定し、抽出分析を行う。
ブランドスコアリング/ポジショニング分析 各公式アカウントや、商品ブランドの話題量や話題の質をお客さまの希望するロジックで集計し、スコアリングまたはポジショニングマップを作成する。
プロファイル分析 お客さま企業のアカウントをフォローしているアカウントや、商品について投稿しているアカウントが、どのようなプロファイル(デモグラフィック、趣味趣向)を持つかを分析する。
地域情報分析 特定の場所で投稿された、または特定の場所について投稿された内容について分析を行う。商圏分析や地域調査での活用を想定する。
画像抽出 アップロードされた写真についての情報を抽出する。ブランド分析や観光分析での活用を想定する。
災害関連情報分析 地震、ゲリラ豪雨、洪水、噴火等の自然災害に関するツイートを収集、分析する。位置情報分析や画像抽出も同時に実施することが可能。
金融情報分析 企業情報に関する投稿の収集分析や、必要に応じて企業情報をスコアリングする。Twitterセンチメント指標も含まれる。

システム開発ソリューション

「システム開発ソリューション」は、より高度な分析や、他の情報ソースとの統合分析、お客さまの業務により適用させた分析を行うために必要となる各種ソリューション(ソーシャルメディア以外のデータ取得のためのクローリングシステム、不要データを削除するためのノイズフィルターなど)を整理することで、より簡易に情報分析を活用するためのシステム構築を可能とします。

名称 内容
クローリングシステム インターネット上の情報を効率的に収集するためのソフトウエア。
ノイズフィルター 収集した情報から分析に不要な情報を除去するためのソフトウエア。
ユーザープロファイルDB Twitterのアカウントを機械学習エンジンや、言語解析エンジン「なずき®」を用いて分析したプロファイル結果を管理したデータベース。
類義語抽出エンジン 最新の膨大なソーシャルデータで学習させたエンジンにより、自動的に言葉の揺れや隠語などの類義語を抽出するソフトウエア。
検索・ビジュアライズシステム 集積した情報を効率よく検索して可視化するためのソフトウエア。
その他 画像・動画解析エンジン、ボットリスト提供サービス等の周辺ソリューション・サービスを準備中。

今後について

今後、NTTデータは、Twitterデータの提供のみならず、ソーシャルメディアのデータを含むさまざまな情報が、企業活動に対して、さらに貢献できるシステム開発やソリューションの提供を推進し、2020年度までに50億円の売り上げを目指します。

注釈

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部
風間
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
ITサービス・ペイメント事業本部
ソーシャルビジネス推進担当
尾崎、佐藤
E-mail:info@nazuki-oto.com

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。