2016年2月22日

オリックス株式会社
オリックス銀行株式会社
株式会社静岡銀行
株式会社NTTデータ
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)、オリックス銀行株式会社(本社:東京都港区、社長:浦田 晴之)、株式会社静岡銀行(本社:静岡県静岡市、頭取:中西 勝則)、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、社長:岩本 敏男)、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、社長:榮藤 稔)の5社は、本日、ブロックチェーン技術注1を活用した新たな金融サービスの開発に向けた共同研究を開始することで合意しましたのでお知らせします。本共同研究においては、実際にブロックチェーン技術を活用したプロトタイプシステムを構築し、実証実験を行う予定です。

本件は、各社の専門性や技術力をもとに、金融サービス分野におけるブロックチェーン技術の実用可能性を検証します。システムや技術面の研究をNTTデータとブロックチェーンのコア技術開発の知見を有する株式会社Orb注2が行い、オリックス、オリックス銀行、静岡銀行が顧客ニーズを踏まえた海外送金や各種決済サービスといった新たな金融サービスの検証を行うことを予定しています。NTTドコモ・ベンチャーズは、本共同研究への参加5社とスタートアップとの連携や、その他有望・先端技術の取り込みの促進を行います。また、金融以外の事業分野においても、さまざまな業種のビジネスパートナーとブロックチェーン技術を活用したサービスへの応用を検討していく予定です。

本実験には、金融関連業法を含めた法的側面について、森・濱田松本法律事務所の増島 雅和 弁護士注3にアドバイザーとして関与いただく予定です。

注釈

  • 注1世界中に点在するパソコンにデータを置くことで、データの改ざん、消失リスクが非常に低いネットワークを作る技術。特定の認証サーバーがなくても関係者間で取引データの正当性を一意に確定させることができるのが特徴。金融、決済、IoTなどさまざまな分野への応用が期待されており、各分野で積極的な実証実験が行われている。
  • 注2非中央集権型クラウドコンピューティングシステム「orb」の開発とその提供を行うスタートアップ。誰でも簡単に仮想通貨がつくれるSmartCoinサービスを提供中。独自に研究開発したコンセンサス機構を備えるのが特徴。
  • 注3森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士(日本法およびニューヨーク州法)。多数の金融機関やIT企業をアドバイスしてきた経験と金融行政に対するマクロ的視点を組み合わせ、ITやデータを活用した新しい事業モデルの創出支援、M&Aの法務アドバイスなどを手がける。
    海外の金融ビジネスの動向をもとに、日本の金融業者が向かうべき方向性や政府が導入すべき制度等につき助言・提言を行い、ブロックチェーンについても積極的に活動を行っている。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

オリックス株式会社
グループ広報部
TEL:03-3435-3167

オリックス銀行株式会社
経営企画部
TEL:03-6722-3630

株式会社静岡銀行
経営企画部
企画グループ
TEL:03-3774-2570

株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
TEL:050-9012-1900

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。